中地義和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中地 義和(なかじ よしかず、1952年11月8日 - )は、日本のフランス文学者。東京大学名誉教授Ph.D.アルチュール・ランボーが専門。和歌山県出身。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1982年10月 パリ第3大学東洋語東洋文明研究所講師(1983年9月まで)
  • 1986年4月 東京大学教養学部助手
  • 1988年4月 東京大学教養学部助教授
  • 1992年4月 文学部助教授
  • 1995年4月 人文社会系研究科助教授
  • 1996年2月 教授
  • 2011年 文学部・文学研究科長 2018年定年退任、名誉教授。

著書[編集]

  • 『ランボー 精霊と道化のあいだ』青土社 1996
  • 『ランボー自画像の詩学』岩波書店〈岩波セミナーブックス〉 2005

翻訳[編集]

脚注[編集]