湯浅博雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

湯浅 博雄(ゆあさ ひろお、1947年11月18日 - )は、日本フランス文学者。東京大学名誉教授。香川県生まれ。

主としてランボー及びバタイユを研究、翻訳するほか、詩や現代思想も翻訳している。

略歴[編集]

  • 1972年、東京大学文学部仏文科卒業、同大学院修士課程修了
  • 1974年から1978年、パリ大学に留学しPh.D取得
  • 1986年、東京大学教養学部助教授
  • 1993年、東京大学教授
  • 2012年、定年退任、名誉教授
  • 2015年、獨協大学特任教授 外国語学部フランス語学科

著書[編集]

  • 「未知なるもの=他なるもの ランボー・バタイユ・小林秀雄をめぐって」 哲学書房 1988
  • 「他者と共同体」 未來社 1992
  • 「反復論序説」 未來社 1996
  • 「バタイユ 消尽」(現代思想の冒険者たち 第11巻)講談社 1997/ 講談社学術文庫 2006
  • 「ランボー論 <新しい韻文詩>から<地獄の一季節>へ 評論集」思潮社 1999
  • 「聖なるものと〈永遠回帰〉」ちくま学芸文庫・書き下ろし、2004
  • 「応答する呼びかけ 言葉の文学的次元から他者関係の次元へ」未來社 2009
  • 『翻訳のポイエーシス 他者の詩学』未來社、2012 

翻訳[編集]

  • 「アルチュール・ランボー 生涯と作品」 M.A.リュフ 村山千恵共訳 人文書院 1980
  • ニーチェジル・ドゥルーズ 朝日出版社 1985/ ちくま学芸文庫 1998
  • 「宗教の理論」 ジョルジュ・バタイユ 人文書院 1985/ ちくま学芸文庫 2002
  • 「アルチュール・ランボー」 ピエール・プチフィス 中安ちか子共訳 筑摩書房 1986
  • 「エロティシズムの歴史」 バタイユ 中地義和共訳 哲学書房 1987、新版2001/ ちくま学芸文庫 2011.4
  • 「至高性 呪われた部分 - 普遍経済論の試み第3巻」 バタイユ 人文書院 1990
  • 「パッション」 ジャック・デリダ 未來社 2001
  • 「エコノミメーシス」 ジャック・デリダ 小森謙一郎共訳 未來社 2006
  • 「ランボー全集」 平井啓之中地義和、川那部保明共訳 青土社 2006

外部リンク[編集]