鈴木圭介 (翻訳家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 圭介(すずき けいすけ、1955年[1] - )は、日本翻訳家・著述家。東京生まれ[2]東京外国語大学大学院修了[3]。フランス現代思想・文学専攻[4]

映画・建築・音楽関係の翻訳多数。

翻訳[編集]

  • リリアン・ギッシュ、アン・ピンチョット著『リリアン・ギッシュ自伝 映画とグリフィスと私』(筑摩書房(リュミエール叢書、1990年)
  • クリストファー・ローレンス『エジソンに消された男 映画発明史の謎を追って』(筑摩書房、1992年)
  • カリル・フリン『フェミニズムと映画音楽 ジェンダー・ノスタルジア・ユートピア』(平凡社、1994年)
  • レム・コールハース『錯乱のニューヨーク』(筑摩書房、1995年、のちちくま学芸文庫
  • ロバート・パリッシュ『わがハリウッド年代記 チャップリンフォードたちの素顔』(筑摩書房(リュミエール叢書)、1995年)
  • アルフレッド・ヒッチコック著、シドニー・ゴットリーブ編『ヒッチコック映画自身』(筑摩書房(リュミエール叢書)、1999年)
  • ブリューノ・モンサンジョン『リヒテル』(中地義和共訳、筑摩書房、2000年)
  • エヴリーヌ・ペレ=クリスタン『階段 空間のメタモルフォーゼ』(白揚社、2003年)
  • ダニエル・リベスキンド『ブレイキング・グラウンド 人生と建築の冒険』(筑摩書房、2006年)
  • グレン・グールド著、ギレーヌ・ゲルタン編『グールドのシェーンベルク』(筑摩書房、2007年)
  • ジェフ・コリンズ『デリダ』ちくま学芸文庫、2008年)
  • ケヴィン・バザーナ『失われた天才 忘れ去られた孤高の音楽家の生涯』(春秋社、2010年)エルヴィン・ニレジハジについて
  • ケイティ・ハフナー『グレン・グールドのピアノ』(筑摩書房、2011年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 筑摩書房サイト・執筆者紹介
  2. ^ 『グールドのシェーンベルク』翻訳者紹介
  3. ^ 筑摩書房サイト・執筆者紹介
  4. ^ 『グールドのシェーンベルク』翻訳者紹介