渡邊啓貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡邊啓貴(2009年撮影)

渡邊 啓貴(わたなべ ひろたか、1954年3月26日[1]- )は、日本の政治学者、福岡県出身、東京外国語大学大学院総合国際学研究院(国際社会部門・国際研究系)教授。前駐フランス日本大使館公使(2008~2010年)。専門は、ヨーロッパ国際関係論、フランス政治・外交、ヨーロッパ外交史、米欧同盟論。

履歴[編集]

1978年東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業、1980年同大学院地域研究研究科修士課程修了、1983年慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。1986年パリ第一大学パンテオン・ソルボンヌ校 現代国際関係史専攻博士課程修了。

1981年-1989年財団法人世界経済調査会研究員、1982年-1983年財団法人アジア太平洋研究会研究員、1984年-1986年財団法人平和安全保障研究所プログラムフェロー。1989年京都外国語大学外国語学部専任講師、93年助教授、1995年東京外国語大学外国語学部助教授、99年教授、2010年同総合国際学研究院教授、2011年-2017年 同国際関係研究所所長。

1999年3-5月高等研究大学院(パリ)客員教授、2002年-2003年ジョージ・ワシントン大学シグール・アジア研究センター客員教授。2005年9-10月リヨン高等師範大学校(大学院)客員教授、2015年3月ボルドー政治学院客員教授。

2004年-2008年日仏政治学会理事長、2005年- 国際関係史学会日本代表理事・副理事長(本部ミラノ大学)、2016年- グローバルガバナン学会会長    (その他 日本国際政治学会・日本EU学会・比較政治学会・国際政治社会学会などの理事)

2001年-2009年仏語季刊誌『Cahiers du Japon』編集委員長、2010年-2011年隔月刊雑誌『外交』編集委員長、そのほか英語誌『Japan Echo』(2001年-2012年)・『Japan Journal』(2013年- )編集委員、

2008年-2010年在仏日本国大使館広報文化担当公使、2012年- 日仏知的交流「グローバル・プレイヤーとしての日仏協力」実行委員会代表、 2012年- 人事院国家公務員総合職試験専門委員

2002年- 政策研究フォーラム理事、2010年- 平和安全保障研究所評議員、2015年- 日仏会館評議員・笹川日仏財団理事、 2017- 日本国際フォーラム参事・上席研究員、 

1992年『ミッテラン時代のフランス』で渋沢クローデル賞受賞。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ミッテラン時代のフランス』(芦書房、1991年、増補版1993年)
  • 『フランス現代史――英雄の時代から保革共存へ』(中公新書、1998年)
  • 『ポスト帝国――二つの普遍主義の衝突』(駿河台出版社、2006年)
  • 『米欧同盟の協調と対立――二十一世紀国際社会の構造』(有斐閣、2008年)
  • 『フランスの文化外交戦略に学ぶ』(大修館書店、2013年)
  • シャルル・ドゴール』(慶應義塾大学出版会、2013年)
  • 『現代フランス 「栄光の時代」の終焉、欧州への活路』(岩波書店〈岩波現代全書〉、2015年)
  • 『アメリカとヨーロッパ-揺れる同盟の80年』(中公新書、2018年)

編著[編集]

  • 『ヨーロッパ国際関係史――繁栄と凋落, そして再生』(有斐閣、2002年/新版、2008年)
  • 『国際政治の基礎知識』(加藤秀治郎との共編、芦書房、1997年/増補版、2002年)

『世界から見たアジア共同体』芦書房 2015年  Commission of History of International Relations (CHIR)、TUFS、    Rethinking International History from Asian Perspective 2006年3月

訳書[編集]

  • ルネ・ジロー『国際関係史 1871-1914年――ヨーロッパ外交、民族と帝国主義』(未來社、1998年)
  • フランソワ・ジョワイヨー『中国の外交』 (中嶋嶺雄共訳、白水社〈文庫クセジュ〉、1995年)

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年