沢田節蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

沢田 節蔵(澤田 節蔵、さわだ せつぞう、1884年9月9日 - 1976年7月4日)は、日本外交官

人物[編集]

鳥取県岩井郡浦富村(のち岩美郡岩美町)出身。東京帝国大学法学部卒業後、外務省に入省、のちに国際連盟日本代表、ブラジル大使を歴任。平和主義者で英米派の立場に立ったリアリストでもあり、国際連盟脱退にあたっては強く反対。大戦時には鈴木貫太郎内閣顧問となり、第二次世界大戦の早期終結のため、カトリッククリスチャンとしてバチカンへの働きかけも図った。戦後は、佐藤尚武らと共に、「霞が関」の長老として重きをおかれると同時に、多方面で活躍。文化放送を設立し会長。1949年東京外国語大学初代学長に就任。世界経済調査会会長。日伯協会会長。

外交官沢田廉三(元国連大使、妻美喜三菱財閥本家男爵岩崎久弥の長女でエリザベス・サンダースホーム創設者)と実業家沢田退蔵富士紡績元専務、妻光子は米紙Time表紙になった初日本経済人・東京海上元会長各務鎌吉岩崎弥太郎弥之助の姪繁尾の一人娘)は共に弟で、澤田三兄弟として有名。

また長妹は広岡貞子(夫松三郎は元大同生命社長で広岡財閥)、次妹は平生愛子(夫太郎は元山武常務で、甲南学園創設者・元文部大臣枢密顧問官平生釟三郎の長男)、三妹は山本菊子(夫博は元博進社社長)。

栄典[編集]

家族親族[編集]

著書[編集]

二荒芳徳と共著、皇太子裕仁親王の欧州訪問の随行記

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2212号、「叙任及辞令」1934年05月19日。