廣木重之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

廣木 重之(ひろき しげゆき、広木 重之、1955年5月22日 -)は、日本外交官外務省儀典長を経て、駐スウェーデン特命全権大使

人物[編集]

東京都出身。 1979年に一橋大学法学部を卒業し、外務省入省。1980年から1982年までオックスフォード大学留学。オックスフォード大学留学同期に奥克彦イラク日本人外交官射殺事件殉職)がいる。

2009年から駐アフガニスタン特命全権大使。2010年には43億5500万円の無償資金協力「アフガニスタン平和・再統合プログラム」の書簡を交換[1]。資金協力によって建設された1校目の高校の完成記念式典にワルダク教育大臣などと出席。ハーミド・カルザイ大統領からは日本の支援に対する感謝の表明を受けた[2]

2011年からニューヨーク総領事。川村泰久首席領事などとともに、竹島領有権や歴史認識をめぐる日韓問題や、尖閣諸島国有化で激化した中国との尖閣諸島問題などに関し、中韓が自国の主張をニューヨーク・タイムズ誌などに掲載するのに対応し、メディアの分析などを行った。活動を受けニューズウィーク誌に「中国は1970年まで尖閣諸島の主権を一度も主張したことがなかった。」とする編集長のコラムが掲載された[3]。2018年から駐スウェーデン特命全権大使を務め、2019年にTwitterを開始。ピカチュウハローキティに関する投稿などを行い話題となった[4][5]

経歴[編集]

同期[編集]

( )は現在の役職

脚注[編集]

  1. ^ 「アフガニスタン・イスラム共和国に対する無償資金協力「アフガニスタン平和・再統合プログラム(UNDP連携)」に関する書簡の交換について」外務省成22年9月24日
  2. ^ 「カルザイ大統領が廣木重之駐アフガニスタン日本国前大使と面会」駐日アフガニスタン大使館
  3. ^ 「情報戦を戦う日本外交官」日本放送協会2013年1月15日
  4. ^ Japans ambassadör gör succé på TwitterAftonbladet 2019年6月2日
  5. ^ 「スウェーデン大使館@EmbSweTokyo」
  6. ^ スロベニア大使に吉田氏 日本経済新聞2018/9/4 11:36

外部リンク[編集]