内田定槌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内田 定槌(うちだ さだつち、元治2年1月17日[1]1865年2月12日) – 昭和17年(1942年6月2日[2])は、日本外交官。駐ブラジル公使、駐スウェーデン公使、駐トルコ大使

経歴[編集]

豊前国小倉(現在の福岡県北九州市)出身[1]1889年(明治22年)、東京帝国大学法科大学を卒業し、外務省試補となった[3]。翌年、上海副領事となり、漢城領事、ニューヨーク領事、同総領事を歴任した[3]1906年(明治39年)にブラジル弁理公使となり、翌年に特命全権公使となった[3]。その後、スウェーデン公使に就任し、デンマーク公使、ノルウェー公使も兼ねた[3]1920年大正9年)、トルコに派遣され、のち大使に昇格した[3]

退官後は日土協会会長、日土貿易協会顧問を務めた[1]

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 大衆人事録 1930.
  2. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ、2012年。
  3. ^ a b c d e 人事興信録 1925.
  4. ^ 『官報』第1218号「叙任及辞令」1916年8月21日。
  5. ^ 中野文庫 旧・勲一等瑞宝章受章者一覧

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。

関連項目[編集]

先代:
(新設)
日土協会(現日本・トルコ協会)会長
初代:1929年 - 1938年
次代:
徳川家正