山口洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまぐち よういち
山口 洋一
生誕 (1937-01-14) 1937年1月14日(80歳)
日本の旗 日本佐賀県
出身校 東京大学教養学部卒業
職業 外交官著作家

山口 洋一(やまぐち よういち、1937年1月14日[1] - )は、日本の元外交官著作家

本籍佐賀県[2][3]。同県で生まれ[4][5]、少年期に神奈川県鎌倉市に移り住む[2]。1960年東京大学教養学部教養学科仏文科卒、同年外務省入省[1]。同省経済局、アジア局、調査部、情報文化局、在フランス南ベトナムイタリアインドネシア各大使館での勤務や、外務省情報文化局海外広報課長を経て、1981年よりパリユネスコ常駐代表、駐マダガスカル特命全権大使、駐トルコ特命全権大使[1][2][3][4][5]。1995年から駐ミャンマー特命全権大使[3][6]。1998年外務省退官[1][2][7]。その後、2006年から2009年までNPO法人国際芸術家センター理事長を務める[4]日本・トルコ協会副会長[5]、同顧問[8]東芝顧問[1][2]、NPO法人アジア母子福祉協会理事長[1][2][9]

著書[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Profile Viewer 山口 洋一”. 日本戦略研究フォーラム. 2017年4月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 『アウン・サン・スー・チーはミャンマーを救えるか?』奥付(著者紹介)。
  3. ^ a b c 渡部亮次郎、ミャンマーの「真相」、『渡部亮次郎の「頂門の一針」』 (まぐまぐ)第955号、2007年10月7日http://archives.mag2.com/0000153821/20071007102540000.html 
  4. ^ a b c IACの歴史”. 国際芸術家センター. 2017年4月28日閲覧。
  5. ^ a b c 歴史に見る自由で平等な国ミャンマー”. 21世紀日本アジア協会. 2017年4月28日閲覧。
  6. ^ 菅原秀 (2008年5月1日). “ビルマは信用を回復できるか”. ビルマ情報ネットワーク. 2017年4月28日閲覧。
  7. ^ 独立自尊・自由と平等の国ミャンマーで進む民政移管 - 山口洋一氏に聞く”. 防人の道 〜今日の自衛隊〜. 日本文化チャンネル桜. 2017年4月28日閲覧。
  8. ^ 概要”. 日本・トルコ協会. 2017年4月28日閲覧。
  9. ^ NPO法人 アジア母子福祉協会 AMCWA”. アジア母子福祉協会. 2017年4月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • 山口洋一・寺井融『アウン・サン・スー・チーはミャンマーを救えるか?』マガジンハウス、2012年、ISBN 978-4-8387-2455-0