佐藤地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 地(さとう くに、1954年8月8日[1] - )は、日本外交官2017年平成29年)10月20日からハンガリー駐箚特命全権大使。

2013年平成25年)6月28日から外務報道官[2][3][4]外務省局長級ポストに女性として初めて登用された[3]。2015年2月17日からユネスコ大使[5]

経歴・人物[編集]

福島県出身[6][5](一部資料では神奈川県出身[1])。東京大学教養学部卒業。1980年、コロンビア大学政治学部大学院を修了[6]し、1981年(昭和56年)、外務省に入省する[1][6][5]

在タイ日本国大使館在アメリカ合衆国日本国大使館内閣法制局参事官、外務省条約局国際協定課長、経済局国際機関第一課長、EU(欧州連合政府代表部公使ジュネーブ国際機関代表部公使を経て[6]2010年平成22年)8月20日から外務省国際法局審議官[7][8]

2012年(平成24年)9月11日、総括担当審議官を経て[9]2013年(平成25年)6月28日外務報道官に就任する[2][3][4]。外務報道官は局長級ポストであり、外務省で局長級ポストに女性が就くのは佐藤が初めてとなった[3]。この人事の背景には、第2次安倍内閣が「女性力の発揮」を公約に掲げて、女性幹部登用を首相官邸主導で実施していったことにある[10]

2013年(平成25年)9月20日、外務省は上田秀明人権人道大使が退任し、佐藤外務報道官が人権人道大使を兼任する人事を発表した[11][12]

2015年(平成27年)1月22日、外務省大臣官房[13]。同年2月17日、国連教育科学文化機関日本政府代表部特命全権大使(ユネスコ大使)に就任[5]

2015年7月6日、ユネスコの第39回世界遺産委員会において、岸田文雄外相、杉山晋輔政務担当外務審議官らと連携をとりつつ佐藤は「Koreans and others who were brought against their will and forced to work under harsh conditions」(「多くの朝鮮半島の出身者などが、その意思に反して連れて来られ、厳しい環境の下で働かされた」)との、韓国代表側の求める言葉(「forced labor」)を一段和らげた形ながらその趣旨を大幅に取り入れて譲歩、「この犠牲者のことを忘れないようにする情報センターの設置など、適切な措置を取る用意がある」などと述べ、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の世界遺産への登録が全会一致[14]で決定された[15][16]

2017年10月20日、ハンガリー大使[17]

同期[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『政官要覧』平成26年秋号、政官要覧社、2014年、793頁。ISBN 978-4-915324-77-2
  2. ^ a b “外務審議官に長嶺氏起用へ アジア大洋州局長に伊原氏”. 日本経済新聞. (2013年6月21日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2102N_R20C13A6EE8000/ 2014年5月12日閲覧。 
  3. ^ a b c d “外務省、斎木次官を発表”. 日本経済新聞. (2013年6月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2704Z_Y3A620C1EB2000/ 2014年5月12日閲覧。 
  4. ^ a b “人事、外務省”. 日本経済新聞. (2013年6月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS28037_Y3A620C1EE8000/ 2014年5月12日閲覧。 
  5. ^ a b c d “ユネスコ代表部大使に佐藤前外務報道官”. 日本経済新聞. (2015年2月17日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO83295400X10C15A2EAF000/ 2015年2月21日閲覧。 
  6. ^ a b c d メットライフ生命シンポジウム 「女性が輝く社会、そして私のキャリア」” (日本語). メットライフ生命保険. 2017年7月22日閲覧。
  7. ^ “人事、外務省”. 日本経済新聞. (2010年8月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1902E_Z10C10A8EE2000/ 2017年7月22日閲覧。 
  8. ^ 特別セミナー「外交と国際法」 (PDF)” (日本語). 神戸大学 (2011年). 2015年9月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年5月12日閲覧。
  9. ^ “人事、外務省”. 日本経済新聞. (2012年9月11日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS10035_Q2A910C1EE8000/ 2017年7月22日閲覧。 
  10. ^ 赤尾朋子、平本信敬 (2013年12月21日). “霞が関、引っぱるのは私 外交・教育で女性官僚奮闘”. 日本経済新聞: pp. 1-2. http://www.nikkei.com/article/DGXNASDF1300F_T11C13A2TY5000/ 2014年5月12日閲覧。 
  11. ^ “「シャラップ」発言の人権大使退任 外務省”. 日本経済新聞. (2013年9月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS20026_Q3A920C1PP8000/ 2014年5月12日閲覧。 
  12. ^ “人事、外務省”. 日本経済新聞. (2013年9月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2001G_Q3A920C1EE8000/ 2014年5月12日閲覧。 
  13. ^ “外務省人事(22日付)”. 朝日新聞デジタル. (2015年1月22日). オリジナル2015年9月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150924143117/http://www.asahi.com/articles/DA3S11563394.html 2015年1月22日閲覧。 
  14. ^ なお、世界遺産委員会の決定は、出席しかつ投票する委員国の三分の二以上の多数による議決で行う。世界遺産条約 外務省HP
  15. ^ “明治の産業革命、世界遺産に…日本は韓国に譲歩”. YOMIURI ONLINE. (2015年7月6日). オリジナル2015年7月5日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20150705171859/http://www.yomiuri.co.jp/culture/20150705-OYT1T50086.html 2015年7月6日閲覧。 
  16. ^ “「明治日本の産業革命遺産」世界遺産に登録決定”. NHKニュースウェブ. (2015年7月6日). オリジナル2015年7月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150707184841/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150705/k10010139851000.html 2015年7月6日閲覧。 
  17. ^ ハンガリー大使に佐藤氏日本経済新聞
  18. ^ 葬儀では山田が同期を代表して弔辞を読んでいる。【イラク情勢】棺の上にゆかりの品 「涙が止まらない」外務省同期生ら”. 朝日新聞 (2003年12月6日). 2014年3月26日閲覧。(日本語)
先代:
門司健次郎
ユネスコ日本政府代表部大使
2015年 - 2017年
次代:
山田滝雄