イラク日本人外交官射殺事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イラク日本人外交官射殺事件(イラクにほんじんがいこうかんしゃさつじけん)は、2003年11月29日イラクへ派遣されていた日本人外交官2人が、バグダード北西140kmに位置するティクリート近郊にて、日本大使館の車両で移動中、何者かに射殺された事件である[1]2015年現在も犯人逮捕には至っておらず、未解決事件となっている。

概要[編集]

2003年11月29日、午前11時(現地時間)、イラク北部、バグダード北西140kmに位置するティクリート南郊で、奥克彦・駐英参事官と井ノ上正盛・駐イラク三等書記官、それにイラク人の運転手が乗った車両(トヨタ・ランドクルーザー)に、後ろから追いついてきた車が銃を発砲。その後、3人が乗る車は30メートルほど先の農地へ突っ込んだ。近くの店の主人が、車が突っ込んだのに気づき、警察へと通報した。 警察が約1時間後に現場に到着した際には、左ハンドルの車の運転席にいたイラク人運転手と、前方右の座席にいた井ノ上書記官はすでに死亡していた。後部座席にいた奥参事官は、意識はないもののまだ息があり、ティクリートの病院で救命措置を受けたが、午後2時前に死亡した。イラク戦争が終戦後、初めての日本人犠牲者であった[2]

銃弾の鑑定の結果、使用された銃は口径7.62mmで右回り4条の腔線を有する、といった点が明らかにされている。

政府(福田康夫官房長官(当時))は、弾丸の痕跡が車の左側に集中していること[3]、金銭などが奪われていないことからみて、「テロの可能性が高い」とし、テロリストによる犯行であるとの見方を示した[4]。イラク暫定内閣のフーシュヤール・ズィバーリ外相は、事件の犯人が旧フセイン政権時代の情報機関、総合情報局(ムハーバラート)の残党による犯行と断定した[5]

疑惑[編集]

この事件については、事件発生時の状況、ならびに事件発生後の日・米政府の不可解な対応に関連して、謀殺を疑う様々な議論がある[6][7][1]

脚注[編集]

  1. ^ a b “戦場ジャーナリスト「政府の情報に頼るのは民主主義の放棄だ」 報道の意義考える討論会”. ハフィントン・ポスト. (2015年2月19日). http://www.huffingtonpost.jp/2015/02/18/journalist-go-to-war_n_6708076.html 2015年2月25日閲覧。 
  2. ^ http://www2.asahi.com/special/iraqrecovery/TKY200311300060.html
  3. ^ http://www.securico.co.jp/blog/blog31.html
  4. ^ http://www2.asahi.com/special/iraqrecovery/TKY200311300060.html
  5. ^ http://www.47news.jp/CN/200312/CN2003120501000146.html
  6. ^ 平成16年02月05日開催の第159回通常国会:参議院・イラク人道復興支援活動等及び武力攻撃事態等への対処に関する特別委員会での若林秀樹参院議員(民主)による質疑
  7. ^ JANJAN: メディア・外交官射殺事件をめぐる、米軍報道の違和感ほか