木曽功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
きそ いさお
木曽 功
Isao Kiso cropped 2 Ichiro Kanazawa Kiyoshi Shimizu Irina Bokova and Isao Kiso 20111023.jpg
生誕 (1952-02-11) 1952年2月11日(65歳)
日本の旗 広島県尾道市
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学法学部卒業
職業 千葉科学大学学長[1]

木曽 功(きそ いさお、1952年2月11日 - )は、日本文部官僚[1]学位Master of Business Administrationイェール大学1979年)。2016年(平成28年)4月に千葉科学大学学長学校法人加計学園理事に就任[1]

文部省初等中等教育局職業教育課課長、文部省高等教育局医学教育課課長、広島県教育委員会教育長文部科学省大臣官房国際課課長、文化庁文化財部部長独立行政法人日本学術振興会理事、文部科学省国際統括官、国際連合教育科学文化機関政府代表部特命全権大使[1]東日本旅客鉄道株式会社顧問内閣官房参与などを歴任した[1]

概要[編集]

文化庁文化財部の部長や文部科学省の国際統括官などの要職を歴任し、2010年より国際連合教育科学文化機関政府代表部に特命全権大使として赴任した。2016年(平成28年)4月に千葉科学大学で学長に就任するとともに[1][2]、大学の設置者である加計学園においても理事を兼務する[1][3]第2次安倍内閣においては、2014年(平成26年)4月に内閣官房参与に任命されている[4][5]

人物・経歴[編集]

1952年広島県尾道市出身、1959年福山市に移る。 1970年(昭和45年)広島大学附属福山中学校・高等学校を卒業後、1971年(昭和46年)東京大学入学、1975年(昭和50年)東京大学法学部卒。 翌年文部省に入省する。

略歴[編集]

2011年10月23日、フォントノワ宮殿にて国際連合教育科学文化機関事務局長イリナ・ボコヴァ(右から2人目)、文部科学省事務次官清水潔(左から2人目)、日本ユネスコ国内委員会副会長金澤一郎(左端)と

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 根岸拓朗、岡戸佑樹、久永隆一 (2017年6月1日). “新学部、前次官と話題に 面会認める 圧力は否定 加計学園理事の内閣官房参与”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 1 
  2. ^ 千葉科学大学 大学沿革
  3. ^ 加計学園役員一覧
  4. ^ a b c “文科省へ要求、複数ルート 内閣参与・首相補佐官・内閣府 加計問題”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 31. (2017年6月1日) 
  5. ^ “内閣官房参与に谷口前内閣審議官らを起用”. 読売新聞. (2014年4月1日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140401-OYT1T50150.html 2014年4月7日閲覧。 [リンク切れ]
  6. ^ 特別職国家公務員の再就職状況の公表について(平成25年4月1日~平成26年3月31日) (PDF) 平成26年9月19日 外務省
  7. ^ 加計学園理事の内閣参与、前次官と接触 新学部も話題に 朝日新聞 2017年6月1日

外部リンク[編集]

先代:
山本忠通
ユネスコ日本政府代表部大使
2010年 - 2013年
次代:
門司健次郎