山本正男 (美術史家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 正男(やまもと まさお、1912年1月12日 - 2007年10月10日)は、日本の美術史学者。専攻は美学、芸術史。日本学術会議第13・14期会員。第4代東京芸術大学学長、初代沖縄県立芸術大学学長。長野県長野市出身。

略歴[編集]

  • 1930年 - 第三高等学校文科乙類入学。
  • 1933年 - 東京帝国大学文学部美学美術史学科(美学専攻)入学。
  • 1936年 - 同大学卒業、卒業論文は「アリストテレスのテクネーについて」。
  • 1938年 - 同大学大学院修了。
  • 1947年 - 同大学文学部助手。
  • 1950年 - 横浜国立大学助教授に就任。東京文理科大学講師を併任。
  • 1962年 - 文学博士(東京教育大学)。
  • 1965年 - 東京芸術大学教授。
  • 1977年 - 同大学美術学部長。
  • 1979年 - 同大学学長。
  • 1986年 - 沖縄県立芸術大学学長。
  • 1996年 - 同大学退官。

主著・論文[編集]

  • 「明治時代の美学思想」 1953
  • 『美の思索』美術出版社、1954
  • 「東西芸術の比較方法」 1958
  • 『芸術史の哲学』美術出版社、1962
  • 『東西の芸術精神の伝統と交流』理想社、1965
  • 『現代の芸術教育』三彩社、1966
  • 『美学への道』理想社、1971
  • 『美術教育学への道』玉川大学出版部、1981
  • 『芸術の森の中で』玉川大学出版部、1986
  • 『生活美学への道』勁草書房、1997
  • 『芸術の美と類型 - 美学講義集』スカイドア、2000

出典[編集]

  • 『日本美術年鑑 平成20年版』 東京文化財研究所
  • 『現代物故者事典 2006-2008』 日外アソシエーツ