伊藤滋 (建築家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊藤 滋(いとう しげる、1898年 - 1971年)は、日本の建築家鉄道省に所属し大正から昭和にかけて鉄道関連の建築諸施設を手がける。旧国鉄の駅舎建築を主導、駅の近代化と民衆駅方式を提唱。鉄道省建築課長、日本建築学会会長を歴任。建築生産の近代化を推奨し建築経済分野の基礎を築く。工学博士東京都出身。

人物[編集]

1923年、東京帝国大学工学部建築学科卒業。鉄道省工務部建築課配属。戦前期の鉄道省、戦後の運輸省につとめる。1943年から運輸省鉄道総局施設局建築課長。1947年、退職。

1948年、学位取得。同年、日本停車場株式会社取締役副社長。日本建築学会では都市不燃化促進委員をへて1951年、日本建築学会会長。1952年から鉄道会館専務、1961年代表、1965年会長。1954年から1966年まで、日本建築学会建築経済委員会委員長。

1965年、鉄道建築協会会長。株式会社日本建築センター代表取締役、1965年同社理事長、1970年に同社会長。1970年、財団法人日本建築センター評議会会長。

主な代表作品には、富山駅御茶ノ水駅・旧交通博物館・旧万世橋駅大阪鉄道管理局庁舎鉄道省本庁舎東京駅戦災復興と八重洲口など、国鉄の旅客駅舎多数。また日野駅駅舎の設計者説も濃厚。

主な著書[編集]

  • 停車場の設計と旅客の群集流動 日本建築學會論文集 (39), 91-97, 1949-11-20
  • 都市不燃化を急げ 大会学術講演梗概集. 計画系 23(秋), 86-87, 1948-11-20
  • アメリカデザイン 建築雑誌 66(771), 8-10, 1951-02-20
  • 建築施設の共同化による環境改善 : 交通(音を含む) (都市環境特集) 建築雑誌 77(920), 731-745, 1962-12-20
  • 建築機械化の実態と生産技術者組織経営に及ぼす影響 建築雑誌. 研究年報 61, 221-222, 1961-08-20
  • 建築の耐用年限 (耐用年限特集) 建築雑誌 76(902), 461-471, 1961-08-20

参考文献[編集]

  • 鉄道路線変遷史探訪・ 守田久盛・大八木正夫・福田光雄 吉井書店
  • 小野田滋「鉄道建築のモダニスト・伊藤滋」1997、『RRR』vol.54、no.9
  • 駅のスケッチ 森惣介 彰國社
  • 建築人物群像 追悼編/資料編 土崎紀子・沢良子編 ISBN4-7952-0865-4 住まいの図書館出版局