荒谷俊治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荒谷俊治
生誕 (1930-04-01) 1930年4月1日(88歳)
出身地 日本の旗 日本広島県東広島市
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

荒谷 俊治(あらたに しゅんじ、1930年4月1日 - )は、日本の指揮者日本指揮者協会顧問。

経歴[編集]

広島県東広島市に生まれる[1][2]福岡県中学修猷館[3]旧制福岡高等学校を経て、1953年、九州大学法学部を卒業し、1955年、同文学部を卒業。九州大学在学中は、九大フィルハーモニーオーケストラ福岡合唱協会に所属し指揮を行い、指揮法を石丸寛、作曲を高田三郎に師事する。

1959年、東京放送合唱団を指揮してデビュー。1968年、東京フィルハーモニー交響楽団指揮者に就任。1969年、文化庁派遣在外芸術研修員としてアメリカに留学し、ジョージ・セルのもとで研究して、1970年、クリーヴランド管弦楽団を指揮。同年秋からは、東京バレエ団ヨーロッパ公演に招かれてボリショイ劇場管弦楽団ルクセンブルク放送交響楽団などのヨーロッパ各地のオーケストラを指揮する。傍ら、1966年から、日本オペラ協会と協力して、『山椒太夫』、『春琴抄』などの創作オペラを公演したり、日本音楽集団と協力して、三木稔廣瀬量平の作品など、伝統に根ざした日本の新しい音楽を育てることに情熱を注いだ。

1974年、名古屋フィルハーモニー交響楽団の常任指揮者に就任し、同フィルを日本有数の地方オーケストラに育てた。また、東京リーダーターフェル、東京コールフェライン、福岡コールフェライン、福岡OBフィル、桐蔭学園第九オーケストラ、町田フィルハーモニー交響楽団、町田フィルハーモニー合唱団など、アマチュアの育成にも尽力する。1985年から毎年開催されている、一般公募された合唱団による国技館5000人の第九コンサートでは、1988年、2004年、2007年の3回指揮を担当している。

海外演奏は、1970年以来、アメリカ合衆国、ソ連、フランス、スイス、ドイツ、東南アジア、エジプト、中国、南米、韓国に及んでいる。その他、ウィーン楽友協会ホールシドニー・オペラハウスアムステルダム・コンセルトヘボウボストン・シンフォニーホールプラハ・スメタナホールパリ・マドレーヌ寺院などでも指揮を行っている。

2003年2月7日から、山田耕筰齋藤秀雄朝比奈隆に次ぐ第4代日本指揮者協会会長を務めた。

エピソード[編集]

  • 九州大学法学部在学中、荒谷はもともと弁護士志望であったが、九大フィルの宮崎での演奏会において、招待児童の中に三重苦の生徒たちがおり、当初は楽員も荒谷も、この子たちがどのようにして音楽を感知できるのかと不思議に思っていた。音楽の感動は、聴覚と視覚がなくては享受できないと思っていたからである。しかし、この三重苦の生徒たちは、座している床板から伝わる微妙な振動によって、音楽を見事に享受していた。音楽は、そこから生徒たちの感応へ見事に溶け入って、生徒たちが輝かしい表情となっているのを荒谷は見た。演奏終了後、生徒たちの拍手を、荒谷は泣きたい思いで受け取っていた。この時、荒谷の体を強い衝撃が貫き、プロ指揮者の道を志すことを決意したという。
  • 1955年にワルシャワで開催された世界青年学生祭典に、日本代表の一人として出席したが、そこでのコンサートにおいて歌われた、ポーランド西南部のシレジア地方の民謡である『シュワ・ジェヴェチカ』(Szła dzieweczka)を荒谷が採譜し、同じく参加者であった東大音感合唱団のメンバーが、帰国後にそれに日本語の歌詞をつけて紹介した。これが現在、邦題『森へ行きましょう』として知られる歌である[4]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]