神戸市混声合唱団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神戸市混声合唱団(こうべしこんせいがっしょうだん)は、1989年神戸市によって設立されたプロの混声合唱団[1]。現在は神戸市民文化振興財団の運営により、拠点を神戸文化ホールにおいて活動が行われている。地方公共団体が運営する全国初のプロ合唱団である[2]

概要[編集]

神戸を拠点とした音楽の普及に努めており、年2回の定期演奏会の他、神戸市内各施設における小コンサートを頻繁に行っている。また、兵庫県下および市外、民間からの依頼を受けての公演や、学校での公演などに多く出演している。団員の多くは声楽家、または音楽大学芸術大学の出身者であり、声楽家としての活動に加え、アマチュア合唱団や音楽系の高校・大学において指導者としても活動している者が多い[2]。入団希望者は、2年に一度行われるオーディションによって、団員としての採用の可否を決定する。現団員も2年ごとに資格審査を行う。オーディションや資格審査を行わない年も試演会などを行い、団員の能力維持に努めている。

沿革[編集]

1989年9月、神戸市市制100周年を記念して発足。創立メンバーは推薦により38名が集められた[3]。1990年9月、初の演奏会を開催。1994年神戸市演奏協会発足とともに財団法人による運営となった。

2001年7月、神戸ワールド記念ホールで開催された、第2回1000人のチェロ・コンサートに出演し、1013名のチェリストと競演。2005年1月、神戸文化ホールで行われた阪神・淡路大震災10周年記念追悼N響神戸特別演奏会に出演。NHK交響楽団(指揮:ウラディーミル・アシュケナージ)と共演し、モーツァルトレクイエム』を演奏した[2][3]2006年3月、首席指揮者であった北村協一が死去。

2010年5月、神戸市と姉妹都市であるラトビアの首都リガ市の姉妹都市提携35周年を記念し、リガにおいてラトビアの室内合唱団アヴェ・ソルとジョイントコンサートを開催。その際、両市長立ち会いの下で姉妹合唱団協定を締結した[1][3]2013年7月、ラトビアのリガ市から招聘され、ユネスコ無形文化遺産であるラトビア「歌と踊りの祭典」に出演。2016年、神戸市演奏協会と神戸市民文化振興財団が合併。合唱団運営を神戸市民文化振興財団事業部演奏課に移管した。

2017年松原千振が音楽監督に就任。2019年、設立30周年を迎え、5月に記念演奏会を神戸文化ホール大ホールにて開催。東京混声合唱団(指揮:山田和樹)と共演した[3]

主な構成メンバー[編集]

その他のメンバーについては、神戸市混声合唱団 団員の紹介を参照。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 公益財団法人 神戸市民文化振興財団演奏部|神戸市混声合唱団
  2. ^ a b c “神戸市混声合唱団、震災乗り越え30周年 5月に記念演奏会”. 神戸新聞NEXT. (2019年4月17日). https://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/201904/0012247904.shtml 2019年10月23日閲覧。 
  3. ^ a b c d 神戸文化ホール情報誌「ほーるめいと」2019年4・5月号 pp.2-3

外部リンク[編集]