仙石学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

仙石 学(せんごく まなぶ、1964年 - )は日本の政治学者北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター教授ポーランドを中心とする東欧政治研究を主体とする比較政治研究者。千葉県柏市生まれ。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1995年 北海道大学スラブ研究センター講師(中核研究機関研究員)
  • 1996年 西南学院大学法学部法律学科講師
  • 1997年 西南学院大学法学部法律学科助教授→西南学院大学法学部国際関係法学科助教授
  • 2003年 西南学院大学法学部国際関係法学科教授
  • 2014年 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター教授

兼職[編集]

所属学会[編集]

著作[編集]

編著・共編著[編集]

  • 林忠行)『体制転換研究の先端的議論』(北海道大学スラブ研究センター、2010年)ISBN 9784938637569
  • (林忠行)『ポスト社会主義期の政治と経済:旧ソ連・中東欧の比較』(北海道大学出版会、2011年)ISBN 9784832967403
  • 村上勇介)『ネオリベラリズムの実践現場:中東欧・ロシアとラテンアメリカ』(京都大学学術出版会、2013年)ISBN 9784876982721
  • 『脱新自由主義の時代?:新しい政治経済秩序の模索』(京都大学学術出版会、2017年)ISBN 9784814001033

雑誌論文[編集]

  • 「東欧における政治変動の比較政治学的分析――ポーランド・ハンガリー・チェコスロヴァキアを中心として」『ソ連研究』9号(1989年)
  • 「ポーランドの国内構造の転換――構造転換の政治経済学に向けて」『スラヴ研究』38号(1991年)
  • 「東欧諸国の政党システムの分析――構造転換分析のためのリサーチ・デザイン」『西南学院大学法学論集』29巻1号(1996年)
  • 「リアクションという名の『亡霊』?――ポーランドの社会民主主義政権の分析」『ロシア研究』23号(1996年)
  • 「中東欧諸国の『体制転換』――『新制度論』の視点からの分析」『ロシア・東欧学会年報』26号(1998年)
  • 「ポーランドの対米・対欧州政策の変遷――国内政治の視点から」『国際問題』537号(2004年)
  • 「ポーランドにおける執政の変容――権力分担のシステムから効率的統治のシステムへ」『西南学院大学法学論集』37巻1号(2004年)
  • 「中東欧諸国の政策規定要因分析試論――チェコとポーランドの環境政策を題材として」『ロシア・東欧研究』33号(2005年)
  • 「中東欧研究と比較政治学――いわゆるディシプリン指向の中での地域研究のあり方の考察」『スラヴ研究』53号(2006年)

単行本所収論文[編集]

  • 「ポーランドの議会と政党」伊東孝之編『東欧政治ハンドブック――議会と政党を中心に』(日本国際問題研究所、1995年)
  • 「社会主義における国家と開発」恒川惠市編『岩波講座開発と文化(6)開発と政治』(岩波書店、1998年)
  • 「ポーランドの年金制度改革――『体制転換』のもとでの『制度改革』の分析」佐藤幸人編『新興民主主義国の経済・社会政策』(アジア経済研究所、2001年)
  • 「ポスト社会主義ポーランドの政党システム――アンバランスな『三つの民主主義』」日本政治学会編『年報政治学2001』(岩波書店、2002年)
  • 「ポーランド――『ポスト社会主義国』から『欧州の一員』へ?」小川有美編『アクセス地域研究(II)先進デモクラシーの再構築』(日本経済評論社、2004年)
  • 「ユーロリージョンの『限界』――ポーランド西部国境領域を事例として」宮島喬若松邦弘小森宏美編『地域のヨーロッパ――多層化・再編・再生』(人文書院, 2007年)
  • 「体制転換期の中東欧における政治腐敗――ポーランドとスロヴァキアの事例から」河田潤一編『汚職・腐敗・クライエンテリズムの政治学』(ミネルヴァ書房, 2008年)

外部リンク[編集]