小川有美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小川 有美(おがわ ありよし、1964年 - )は、日本政治学者立教大学法学部教授日本政治学会理事長[1]。専門は、ヨーロッパ(とくに北欧)政治史、比較政治学

略歴[編集]

石川県生まれ。金沢大学附属高等学校東京大学教養学部卒業東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学千葉大学法経学部助手助教授を経て、現職。

著書[編集]

編著[編集]

共編著[編集]

  • 岩崎正洋)『アクセス地域研究(2)先進デモクラシーの再構築』(日本経済評論社, 2004年)
  • 山口二郎宮本太郎)『市民社会民主主義への挑戦――ポスト「第三の道」のヨーロッパ政治』(日本経済評論社, 2005年)
  • 遠藤誠治)『グローバル対話社会――力の秩序を超えて』(明石書店, 2007年)

論文[編集]

雑誌論文[編集]

  • 「デンマークにおける議院内閣制問題と『体制変革』――スカンディナヴィア比較政治の視座から」『國家學會雑誌』105巻7・8号(1992年)
  • 「『計画の政治』と北欧社会民主主義体制の形成」『千葉大学法学論集』10巻1号(1995年)
  • 「ヨーロッパ化する党派政治空間――『第三の道』の欧州テスト」『社会科学研究』54巻1号(2003年)
  • "Europeanization and Corruption: A Most Advanced but Irresponsible Form of Governance?" 『立教法学』64号(2003年)
  • 「時間の歴史政治学・端書――民主化論・社会運動論・労働時間論から遠近法的分析へ」『千葉大学法学論集』18巻1号(2003年)
  • 「ヨーロッパ政治と『憲法化』――法システムと政治システムの間」『レヴァイアサン』35号(2004年)
  • 「『第三の道』からポスト・デモクラシーへ?」『現代の理論』3号(2005年)

単行本所収論文[編集]

  • 「『EUヨーロッパ』の拡大――国家形成か開発協力か」秋元英一編『グローバリゼーションと国民経済の選択』(東京大学出版会, 2001年)
  • 「北欧福祉国家の政治――グローバル化と女性化の中の『国民の家』」宮本太郎編『講座・福祉国家のゆくえ(1)福祉国家再編の政治』(ミネルヴァ書房, 2002年)
  • 「政治社会論」河野勝・岩崎正洋編『アクセス比較政治学』(日本経済評論社, 2002年)
  • 「ヨーロッパ化と政治的正統性の行方」日本比較政治学会編『EUのなかの国民国家――デモクラシーの変容』(早稲田大学出版部, 2003年)
  • 「新しい統治としてのOMC(開放的協調)とヨーロッパ化する政党政治――あいまいな制度を求めて?」中村民雄編『EU研究の新地平――前例なき政体への接近』(ミネルヴァ書房, 2005年)
  • 「『ヨーロッパ市民権』はいかにありうるか」木畑洋一編『ヨーロッパ統合と国際関係』(日本経済評論社, 2005年)
  • 「グローバル化と価値・規範コミュニティ」宮島喬五十嵐暁郎編『平和とコミュニティ――平和研究のフロンティア』(明石書店, 2007年)
  • 「越境社会と政治文化――『ヨーロッパ』は『市場』か『要塞』か、深層(サブ)政治界か?」『年報政治学2007-II』(木鐸社, 2007年)
  • 「EUのインフォーマル政策システム」平島健司編『政治空間の変容と政策革新(2)国境を越える政策実験・EU』(東京大学出版会, 2008年)
  • 「ヨーロッパ化する労働運動」新川敏光篠田徹編『労働と福祉国家の可能性――労働運動再生の国際比較』(ミネルヴァ書房, 2009年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「歴代理事長」日本政治学会