TOMORROW 明日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TOMORROW 明日
監督 黒木和雄
脚本 黒木和雄
井上正子
竹内銃一郎
原作 井上光晴
製作 鍋島壽夫
出演者 桃井かおり
南果歩
仙道敦子
黒田アーサー
佐野史郎
音楽 松村禎三
撮影 鈴木達夫
編集 飯塚勝
製作会社 ライトヴィジョン
沢井プロダクション
創映新社
配給 ヘラルド・エース
日本ヘラルド映画
公開 日本の旗 1988年8月13日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

TOMORROW 明日』(トゥモロー あした)は、1988年8月13日公開の日本映画。製作会社はライトヴィジョン、沢井プロダクション、創映新社。

概要[編集]

原作は井上光晴の『明日―1945年8月8日・長崎』。

「昭和20年8月9日午前11時02分」までの24時間の家族を描く戦争映画。黒木和雄戦争レクイエム三部作の第1作目に当たる作品である。

ストーリー[編集]

1945年8月8日、戦時中の長崎で一組の結婚式が行われていた。 慎ましく過ごしていた彼らに、悲劇は密かに忍び寄っていた。

登場人物[編集]

三姉妹の長女。妊娠中。妹の結婚式の最中に産気づき、難産の末、翌日(8月9日)早朝に男の子を出産する。
花嫁。三姉妹の次女。8月8日に中川庄治と結婚し、翌日の夕方に買い物へ行く約束をする。
三姉妹の三女。召集令状が来た恋人の英雄から駆け落ちを持ちかけられるが、断る。
中川庄治の友人。軍属で捕虜収容所で働いている。
花婿。製鋼所の工員で三浦ヤエと結婚する。自身の抱えている秘密を打ち明けられずにいたところ、ヤエに「言えなければ明日でも明後日でもいい」と言われる。
三浦家の家長。
三浦泰一郎の妻。出産を控えたツル子に付き添っている。
三浦昭子の恋人。長崎医科大学に通っている。
中川庄治の継父。写真館を営む。結婚式の記念写真を撮影する。
銅打の妻。夫とともに結婚式に参列する。
銅打が写真を届けに行った養鶏場の経営者。
三浦ヤエの同僚。妊娠3ヶ月であり、相手の男(藤雄)は呉市に行ったきり音信不通。
三浦ヤエの同僚。
客の石原を優しく包み込む。
三浦ツル子の叔父。長崎電気軌道の運転手。結婚式に参列する。
水本の妻。夫とともに結婚式に参列。翌日は浦上周辺で乗務している夫のために弁当を持っていくと約束する。
ツル子の出産に立ち会う。
藤雄の消息を聞きに来た亜矢を冷たくあしらう。

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]