三浦光雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
みうら みつお
三浦 光雄
三浦 光雄
昭和26年新東宝製作『わかれ雲』スタジオスチルより
別名義 三浦 光男
生年月日 (1902-10-25) 1902年10月25日
没年月日 (1956-10-24) 1956年10月24日(53歳没)
出生地 日本の旗 日本 宮城県
職業 撮影技師
ジャンル 映画
活動期間 1920年 - 1956年
主な作品
今ひとたびの[1][2]
煙突の見える場所[1]
夫婦善哉[1][2]
備考
三浦賞

三浦 光雄(みうら みつお、1902年10月25日 - 1956年10月24日[1])は、日本の撮影技師である。日本映画撮影者倶楽部(現在の日本映画撮影監督協会)が1956年(昭和31年)に制定した「三浦賞」に名を残す[1][2]。初期名三浦 光男(読み同)[3]

人物・来歴[編集]

1902年(明治35年)10月25日宮城県に生まれる[1]

旧制・私立商工中学校(通称東京商工中学校、現在の日本大学第三高等学校)を卒業し[1]、1920年(大正9年)、開業とともに日活向島撮影所に入社した[1][2]。1923年(大正12年)、撮影技師に昇進[2]、記録に残る最初の技師作品は、1925年(大正14年)5月31日公開、五所平之助監督の『空は晴れたり』で、当時は「三浦光男」名義であった[3]

1931年(昭和6年)9月、鈴木傳明岡田時彦らとともに松竹キネマを退社、不二映画社の設立に参加、鈴木重吉監督の『栄冠涙あり』の撮影を務めるとともに「三浦光雄」と改名した[3][4]。1933年(昭和8年)、日活太秦撮影所に移籍、おなじ蒲田出身の牛原虚彦監督の『未来花 前後篇』の撮影を務める[3]。1934年(昭和9年)、日活太秦の現代劇部の移転に伴い、日活多摩川撮影所(現在の角川大映撮影所)に異動、鈴木重吉監督の『』を手がけるが、間もなく鈴木とともに日活を退社、新興キネマと提携する入江たか子入江ぷろだくしょんで3作の撮影に参加する[3]

1937年(昭和12年)、入江ぷろだくしょんがP.C.L.映画製作所と提携製作した成瀬巳喜男監督の『女人哀愁』を手がけたのを機にP.C.L.に移籍[3]、1937年(昭和12年)9月10日の合併による東宝映画の設立以降も、東宝映画東京撮影所(現在の東宝スタジオ)に所属した[3]

1947年(昭和22年)、五所平之助監督の『今ひとたびの』が多くの賞を受けるなか[2]第2回毎日映画コンクールで三浦自身も撮影賞を受賞した。1954年(昭和29年)には、第4回ブルーリボン賞撮影賞を『煙突の見える場所』(監督五所平之助、1953年)、『』(監督豊田四郎、1953年)で受賞した。

1956年(昭和31年)10月24日、死去した[1]。満53歳没。

同年、第11回毎日映画コンクールならびに第7回ブルーリボン賞で、同年発表の『白夫人の妖恋』、『猫と庄造と二人のをんな』(いずれも監督豊田四郎)を対象に撮影賞を没後受賞した。同年、第7回芸術選奨を没後受賞した。

同年、新人の撮影技師を対象とした「三浦賞」を日本映画撮影者倶楽部が制定、同倶楽部の後身・日本映画撮影監督協会がこれを現在も引き継いでいる[1][2]

おもなフィルモグラフィ[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 三浦光雄、『講談社 日本人名大辞典』、講談社コトバンク、2010年3月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g シリーズ・日本の撮影監督 2東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年3月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 三浦光男・三浦光雄、日本映画データベース、2010年3月1日閲覧。
  4. ^ 栄冠涙あり、日本映画データベース、2010年3月1日閲覧。

外部リンク[編集]