伊佐山三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いさやま さぶろう
伊佐山 三郎
生年月日 (1901-01-05) 1901年1月5日
没年月日 (1967-09-21) 1967年9月21日(66歳没)
出生地 日本の旗 日本 茨城県
職業 撮影技師
ジャンル サイレント映画トーキー
活動期間 1922年 - 1965年
活動内容 1922年 日活向島撮影所入社
1923年 日活京都撮影所異動
1924年 技師昇進
主な作品
しゃぼん娘[1]
路傍の石[1]
陽のあたる坂道[1]

伊佐山 三郎(いさやま さぶろう、1901年1月5日 - 1967年9月21日[1])は、日本の撮影技師である。映画監督田坂具隆とのコンビネーションで知られ[1]、「日本映画史の中でももっとも幸福なコンビ」と呼ばれる[2]

人物・来歴[編集]

1901年(明治34年)1月5日茨城県に生まれる[1]

東京に移り、旧制・中央大学に入学するも、中途退学する[1]。1922年(大正11年)、日活向島撮影所に入社する[1]。撮影部で撮影助手を務めていた1923年(大正12年)9月1日に起きた関東大震災で同撮影所は壊滅、この時先輩の撮影技師の高坂利光と共に撮影機材を持ち出し、震災の様子をフィルムに収めた。震災後は日活京都撮影所に異動した[1]

1924年(大正13年)、撮影技師に昇進し、三枝源次郎監督、山本嘉一主演による現代劇サイレント映画民族の黎明』でデビュー、同作は同年7月4日に公開された[3]。1927年(昭和2年)、山本嘉次郎脚本の『鉄腕記者』で初めて田坂具隆と組み、同年には『しゃぼん娘』の撮影を務め、以降、田坂と行動をともにする[1]。1932年(昭和7年)、村田実伊藤大輔、田坂具隆らの新映画社設立に参加、同年、伊藤が脚本を書き村田と田坂が共同監督した『昭和新撰組』の撮影を務める[3]

1936年(昭和11年)、日活に復帰、現代劇の新撮影所である日活多摩川撮影所(現在の角川大映撮影所)に移籍、同年、田坂監督の『追憶の薔薇 前後篇』の撮影を務める[3]。同撮影所で『路傍の石』、『五人の斥候兵』等の作品に携わる[1][3]

第二次世界大戦後は、戦争中に在籍した松竹京都撮影所で、1946年(昭和21年)、市川哲夫監督の『東京特急四列車』から始まった[3]東横映画大映京都撮影所大映東京撮影所を経て、1953年(昭和28年)9月に製作再開宣言をした日活に再度復帰、1954年(昭和29年)、春原政久監督の『女人の舘』の撮影を務めている[3]。1958年(昭和33年)には、田坂監督の『陽のあたる坂道』を手がけ[1][3]、同作で第13回毎日映画コンクール最優秀撮影賞を受賞した[4]

1967年(昭和42年)9月21日、死去した[1]。満66歳没。

おもなフィルモグラフィ[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 伊佐山三郎、『講談社 日本人名大辞典』、講談社コトバンク、2010年2月26日閲覧。
  2. ^ シリーズ・日本の撮影監督 1東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年2月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 伊佐山三郎、日本映画データベース、2010年2月26日閲覧。
  4. ^ Saburo Isayama (英語), Internet Movie Database, 2010年2月26日閲覧。

外部リンク[編集]