小山富士夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小山 富士夫(こやま ふじお、1900年3月24日 - 1975年10月7日)は、日本陶磁器研究者・陶芸家で、中国陶磁器研究の大家。

岡山県浅口郡玉島町(現・倉敷市玉島)出身。小山が土を弄(いじ)りだしたのは25歳からで、きっかけは2年前に近衛歩兵第3連隊に1年志願で入隊したとき、同期生の中に陶器好きの岡部長世(岸和田藩主の子孫で国立近代美術館館長・岡部長景〈ながかげ〉子爵の弟)がおり、彼の影響を強く受けたことからである。主に鎌倉市を拠点にして執筆。陶磁器研究では、中国北宋時代の名窯、定窯跡を発見し世界的な陶磁学者として名声を確立。晩年に至るまで実証的東洋陶磁研究をして、古陶磁研究書など多く執筆寄稿。晩年には、岐阜県土岐市泉町に「花の木窯」を開き作陶。陶芸家としても茶器を始め多様な作品を造った。

略歴[編集]

主な著書[編集]

  • 薩摩焼の研究 田沢金吾共著 東洋陶磁研究所、1941年。復刻版:国書刊行会 1987年
  • 支那青磁史稿(文中堂、1943年)
  • 宋磁(聚楽社、1943年)
  • 日本美術大系6巻 陶芸(講談社、1960年)、編著
  • 中国名陶百選(日本経済新聞社、1960年)、編著・大著
  • 東洋古陶磁(美術出版社、1961年)、大著
  • 日本名陶百選(日本経済新聞社、1962年)、編著・大著
  • 日本の陶磁(中央公論美術出版 1962年、改訂版1969年) 
  • 日本陶磁の伝統(淡交社、1967年)、大著
  • 日本陶磁総覧 (淡交社、1969年)、編著
  • やきものの旅 中国・台湾、(芸艸堂 1971年、再版1980年)
  • 日本の美術76 三彩(至文堂、1972年9月号)、編著
  • 「陶磁大系38 天目」(平凡社)、同シリーズは全48冊
  • 「陶磁大系36 青磁」(平凡社
  • 「図説茶道大系5 茶の美術と工芸」野間清六共編、角川書店、1974年。他にもいくつかの編著に関わった
  • 骨董百話(新潮社、1977年)、遺著・大著
  • 小山富士夫著作集(上中下)(朝日新聞社、1977-79年)
    • 上巻 中国の陶磁
    • 中巻 日本の陶磁
    • 下巻 朝鮮の陶磁ほか
  • 「徳利と酒盃・漁陶紀行 小山富士夫随筆集」(講談社文芸文庫、2006年)

作家論・作品図録[編集]

  • 「小山富士夫の世界」里文出版、1981年、※47名による追悼文集
  • 「目の眼 特集 生誕100年小山冨士夫の人と作陶」2001年1月号、里文出版
  • 「図録 小山冨士夫陶芸展」高島屋、日本経済新聞社ほか、1983年
  • 「図録 陶の詩人 小山冨士夫の眼と技」朝日新聞社ほか、2003年
  • 「図録 特別展小山冨士夫 陶に生きる」岡山県立美術館、2001年
  • 「炎芸術 特集 やきもの賛歌 陶芸家小山富士夫」(季刊85号) 阿部出版、2006年2月

関連人物[編集]