杵屋勝四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杵屋 勝四郎(きねや かつしろう)は、長唄三味線方・唄方の名跡。初代から5代目は三味線方、6代目は唄方。

初代[編集]

(生年不詳 - 文政-嘉永1848年))

初代杵屋勝五郎の門弟。

2代目[編集]

生没年不詳

3代目[編集]

後の4代目杵屋勝五郎

4代目[編集]

(生年不詳 - 大正13年(1924年

杵屋勝之丞が4代目杵屋勝四郎を襲名。

5代目[編集]

(1915年-?)本名は中山三之介。

5代目杵屋和吉の実子。4代目杵屋勝四郎の芸養子になる。

6代目[編集]

1959年1月3日)本名は村治崇光。財団法人杵勝会理事。

経歴[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]