子午線の祀り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

子午線の祀り』(しごせんのまつり)は、木下順二作の戯曲。『平家物語』を題材とする。1978年に『文藝』誌上に発表され、翌1979年宇野重吉の総合演出で初演。読売文学賞朝日賞受賞作品。2017年野村萬斎による新演出で上演され読売演劇大賞最優秀作品賞を受賞。『夕鶴』と並ぶ木下の代表作。

独誦から俳優全員による合誦までを自在に組み合わせた「群読」という独特の朗読形式を導入した。

平知盛を主人公に源義経を対照させ、一ノ谷の戦い源氏に敗れた平家壇ノ浦の戦いで壊滅するまでの壮麗な物語である。

上演[編集]

  • 第1次:1979年(32ステージ)[1]
  • 第2次:1981年(36ステージ)[1]
  • 第3次:1985年(29ステージ)[1]
  • 第4次:1990年(18ステージ)[1]
  • 第5次:1992年(30ステージ)[1]
  • 第6次:1999年[2]
  • 第7次:2004年[2]
  • 第8次:2017年[2]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 岩波文庫「木下順二戯曲選Ⅳ 子午線の祀り・沖縄(1999年)319page
  2. ^ a b c エンタメ特化型情報メディアスパイス(2017年7月5日)