野見山暁治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

野見山 暁治(のみやま ぎょうじ、1920年12月17日 - )は、日本の洋画家文化勲章受章者。

来歴[編集]

福岡県生まれ。1943年東京美術学校洋画科卒、直ちに応召、満州で発病し入院。

1946年第2回西部美術展覧会で福岡県知事賞、1952年滞仏、1956年サロン・ドートンヌ会員、1958年安井賞受賞、1964年帰国、1968年東京芸術大学助教授、のち教授、1978年『四百字のデッサン』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞、1981年芸大辞職、1992年芸術選奨文部大臣賞、1994年福岡県文化賞、1996年毎日芸術賞受賞、2000年文化功労者に選ばれる。2014年、文化勲章受章。[1]

画業以外では「信濃デッサン館」の館主窪島誠一郎と協力し、戦没画学生(とくに母校・東京美術学校から召集された者達)の遺作の収集・保存に奔走、それが「無言館」設立(1997年)へ直結した実績をもつ。

親族[編集]

  • 私生活では二度結婚もいずれも先立たれた経験をもつ。
    • 最初の妻、陽子はフランスに呼び寄せてわずか1年でガンを発症。闘病の末に早世した。
    • 後妻に福岡で有名なクラブを経営していた武富京子を迎え、別居結婚の形をとるもたびたび九州へ足を運んでいた。九州滞在時は20代からなどの病歴があった後妻を健康面・店の経営面両面から支えつづけた。後妻は後年までクラブを切り盛りするも、2001年、体力の限界などからクラブを完全閉店し、まもなく死亡。
  • 野見山の実妹は田中小実昌の妻。田中の死去まで実の兄弟のような交流があった。姪(田中の次女)は小説家田中りえ

著書[編集]

  • 愛と死はパリの果てに 講談社, 1961
  • 野見山暁治の風景デッサン 河出書房新社, 1978
  • 四百字のデッサン 河出書房新社, 1978 のち文庫
  • さあ絵を描こう 河出書房新社, 1979
  • パリ・キュリイ病院 筑摩書房, 1979
  • 遠ざかる景色 筑摩書房, 1982
  • 絵そらごとノート 筑摩書房, 1984
  • デッサン 素描集 用美社, 1986
  • セルフィッシュ 田中小実昌共著 用美社, 1990
  • 一本の線 朝日新聞社, 1990
  • 野見山暁治作品集 講談社, 1994
  • 空のかたち 野見山暁治美術ノート 筑摩書房, 1994
  • 署名のない風景 平凡社, 1997
  • しま 光村教育図書, 1999
  • うつろうかたち 平凡社, 2003
  • 遺された画集 戦没画学生を訪ねる旅 平凡社ライブラリー, 2004
  • 野見山暁治 版画 1965-2002 アーツアンドクラフツ, 2004
  • いつも今日 私の履歴書 日本経済新聞社, 2005
  • ケムクジャーラ ネット武蔵野, 2007
  • アトリエ日記 清流出版, 2007

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 北里晋著、『眼の人 野見山暁治が語る』弦書房、2010年、ISBN 8329-027-3
  • ユリイカ 2012年8月臨時増刊号 総特集=野見山暁治 絵とことば きょうも描いて、あしたも描いて、90年 青土社