高橋秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 秀
文化功労者顕彰に際して公表された肖像写真
文化功労者顕彰に際して
公表された肖像写真
原語名高橋 秀
(たかはし しゅう)
生誕髙橋 秀夫
(たかはし ひでお)

(1930-06-30) 1930年6月30日(91歳)
日本の旗 広島県芦品郡網引村
国籍日本の旗 日本
出身校広島県立府中中学校卒業
武蔵野美術学校中途退学
著名な実績絵画
版画
彫刻
映画美術
写真
受賞安井賞1961年
芸術選奨文部大臣賞1987年
公式サイト悠久への回帰 美術作家 高橋 秀オフィシャルサイト
民族 大和民族
活動期間 1951年 -
影響を受けた
芸術家
緑川広太郎、駒井哲郎、小茂田守介

高橋 秀(たかはし しゅう、1930年昭和5年)6月30日 - )は、日本画家版画家彫刻家。元独立美術協会会員倉敷芸術科学大学名誉教授文化功労者本名髙橋 秀夫(たかはし ひでお)[1]。本名のの「髙」[1] はいわゆる「はしごだか」であるが、筆名の姓の「高」[1] はいわゆる「くちだか」である。

倉敷芸術科学大学芸術学部教授、秀art studio主宰などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1930年6月30日広島県芦品郡網引村にて生まれた[2]1948年3月広島県立府中中学校を卒業した[2]。1950年、武蔵野美術学校に入学したが、半年で退学。1951年より独立美術協会の緑川広太郎の自宅に住み込み[2]、制作の指導を受けた[2]

芸術家として[編集]

1961年第5回安井賞を受賞するも1963年より2004年に帰国するまでイタリアローマに滞在した。1979年には友人の版画家池田満寿夫に請われ池田満寿夫原作、監督の映画「エーゲ海に捧ぐ」の美術監督を務めた。日本全国、欧米のギャラリー美術館(国公立美術館での個展は多数)での個展、グループ展やモニュメントの制作などを行う。1995年に倉敷芸術科学大学教授に就任[3]。2011年より倉敷芸術科学大学名誉教授となる[4]

1994年に紫綬褒章を受章。2004年マルセン文化大賞、2005年山陽新聞社賞、2008年岡山県三木記念賞を受賞、2010年岡山県文化賞を受賞。2020年、文化功労者

作風[編集]

絵画作品以外に版画モニュメント写真など多角的に制作する。抽象的な作品ながら、その印象から「エロスの画家」と言われる[5]。「エロス」を感じさせる簡潔な線とフォルムの2大要素で表現は高橋秀にとって必要な要素である。

賞歴[編集]

栄典[編集]

書籍[編集]

  • 高橋秀,写真集「エーゲ海に捧ぐ」,芳賀書店,1979年
  • 高橋秀,—悠久への回帰—高橋秀展,岡山県立美術館,2010年 

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 大臣官房人事課「令和2年度文化功労者」『令和2年度 文化功労者:文部科学省文部科学省
  2. ^ a b c d e f 「高橋秀」『経歴 美術作家 高橋秀の世界「悠久への回帰」』高橋秀。
  3. ^ 02 高橋 秀さん/みなと玉島空間/玉島支所/倉敷市”. www.city.kurashiki.okayama.jp. 2019年12月9日閲覧。
  4. ^ 経歴 美術作家 高橋秀の世界「悠久への回帰」”. shu.ehoh.net. 2019年12月9日閲覧。
  5. ^ 高橋 秀,高橋秀展 エロス・極限の赤と黒,京都国立近代美術館,1990年、や大岡信の著書「美をひらく扉」での記述。
  6. ^ a b c d e f g h i 「高橋秀」『経歴 美術作家 高橋秀の世界「悠久への回帰」』高橋秀。
  7. ^ 令和2年度 文化功労者”. 文部科学省 (2020年11月3日). 2020年11月9日閲覧。

外部リンク[編集]