高橋進 (能楽師)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高橋 進(たかはし すすむ、1902年明治35年)1月1日 - 1984年昭和59年)10月19日)は、シテ方宝生流能楽師

茨城県下妻村で生まれる。1912年高橋頼治の養子となる。1914年近藤乾三に入門。翌年、十六世宝生九郎の内弟子となる。1915年鞍馬天狗』子方で初舞台。1918年『岩船』で初シテ。1969年卒都婆小町』を披(ひら)く。1977年芸術選奨文部大臣賞受賞。1972年勲四等瑞宝章受章。1978年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。

重厚で堅実な宝生流の芸風を体得し、同流の第一人者として活躍。五流随一の地頭であった。

長男がシテ方宝生流能楽師の高橋章。