澤好摩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

澤 好摩(さわ こうま、1944年5月22日 - )は、俳人東京都城東区(現江東区)生まれ。1963年東洋大学在学中に俳句研究会に参加。翌年に坪内稔典らと全国学生俳句連盟を結成。「いたどり」「青玄」「草苑」を経て1968年に坪内稔典、攝津幸彦らと同人誌「日時計」創刊(1974年終刊)。1971年折笠美秋の誘いで「俳句評論」に参加し高柳重信に師事。また「俳句研究」編集に携わる。1973年、「俳句研究」第1回五十句競作にて佳作第一席。1978年夏石番矢林桂らと同人誌「未定」を創刊(1990年退会)。1991年「円錐」創刊、編集発行人を務める。句集に『最後の走者』『印象』『風影』『光源』、共著に『俳句の現在』『昭和俳句選集』『現代俳句論叢』他。2014年句集『光源』により芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

参考文献[編集]

  • 『澤好摩句集』 ふらんす堂〈現代俳句文庫〉、2009年

外部リンク[編集]