林屋辰三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

林屋 辰三郎(はやしや たつさぶろう、1914年4月14日 - 1998年2月11日)は、日本歴史学者文化史家。中世史の研究において大きな足跡を残した。

来歴・人物[編集]

1914年石川県金沢市に生まれ、1938年京都帝国大学文学部卒業[1]。専攻は日本古代中世史。卒業後、日本史研究会の創立に参加し代表委員を務める。1948年立命館大学教授に就任するが、1969年に学園紛争で辞任し、翌年京都大学人文科学研究所教授となる[2]。部落史・地方史・女性史の視点から中世芸能史を実証的に研究し、1961年に「中世芸能成立史の研究」で芸術選奨受賞[2]部落問題研究所理事、京都国立博物館長などを歴任する一方で、京都市史編纂事業を指導し、『京都の歴史』・『史料 京都の歴史』等の編著を刊行し、各社の<日本の歴史>の編集委員を務めた。個人としても、自宅に<燈心文庫>と名付けた書庫を持っているほどの、古文書・史料類の収集家だった。岩波新書版の『京都』や、中公文庫版の『日本の歴史 天下一統』は、初版から半世紀近く経ても重版されている。

戦後の京都の歴史学、特に中世史において多くの研究者を育てた。立命館大学では赤井達郎横井清川嶋将生ら、京都大学では村井康彦戸田芳実大山喬平脇田晴子らが著名。

弟にスペイン大使を務め、マヤ文明マヤ神話ポポル・ヴフ」(中央公論社)や<大航海時代叢書:岩波書店>の訳者の一員でもあった林屋永吉叔父参議院議員国務大臣林屋亀次郎、従弟に陶磁器研究家の林屋晴三がいる。長女寛子(1944- )の夫は歴史地理学者で同志社大学名誉教授・武藤直。

経歴[編集]

単著[編集]

  • 角倉了以とその子』(1944年・星野書店)
  • 『日本演劇の環境』(1947年・古文化叢刊 大八洲出版)
  • 『かぶきの成立』(1949年・推古書院)
  • 豊臣秀吉』中学生歴史文庫(1950年・福村書店)
  • 『中世文化の基調』(1953年・東京大学出版会、新版1982年)
  • 祇園会』(1953年・東京大学出版会)
  • 歌舞伎以前』(1954年・岩波新書
  • 『古代国家の解体』(1955年・東京大学出版会、新版1983年)
  • 南北朝』(1957年・創元社、1991年・朝日文庫
  • 『中世芸能史の研究』(1960年・岩波書店)
  • 『京都』(1962年・岩波新書)
  • 『図録茶道史 風流の成立』(1962年・淡交新社)
  • 『古典文化の創造』(1964年・東京大学出版会、新版1977年)
  • 『図録茶道史 利休の道統』(1964年・淡交新社)
  • 町衆―京都における「市民」形成史』(1964年・中公新書、1990年・中公文庫)
  • 『日本の歴史12 天下一統』(1966年・中央公論社、1974年・改版2005年、中公文庫) 
  • 『日本-歴史と文化』(上・下、1964-67年・平凡社
  • 寛永鎖国』(1969年・文英堂)
  • 『歴史・京都・芸能』(1969年・朝日新聞社、1978年・朝日選書
  • 『日本芸能の世界―民衆文化のあゆみ』(1973年・日本放送出版協会NHKブックス〉)
  • 『近世伝統文化論』(1974年・創元社)
  • 『日本文化の東と西』(1974年・講談社現代新書
  • 『新書日本史3 中世の開幕』(1976年・講談社現代新書)
  • 角倉素庵』(1978年・朝日新聞社「朝日評伝選」、2017年・吉川弘文館〈読みなおす日本史〉)
  • 佐々木道誉―南北朝の内乱と太平記の世界』(1979年・平凡社、1995年・平凡社ライブラリー
  • 『日本の古代文化』(1979年・岩波書店、2006年・岩波現代文庫) 
  • 『人間・故郷・文化』(1980年・朝日新聞社)
  • 『西方見聞録』(1984年・筑摩書房
  • 『京の四季―洛中洛外図屏風の人々』(1985年・<岩波グラフィックス>岩波書店)
  • 『京都文化の座標』(1985年・人文書院
  • 『日本芸能史論』全三巻(1986年・淡交社
  • 『日本史講義』全三巻(1987年・筑摩書店)
  • 『日本史論聚』全八巻(1988年・岩波書店)
  • 『内乱のなかの貴族 南北朝と「園太暦」の世界』(1991年・角川選書、2015年・吉川弘文館〈読みなおす日本史〉)

編集・編著[編集]

  • 『世界歴史事典』史料編・日本・中世(1955年・平凡社)
  • 『日本史図説』(1956年・岩崎書店)
  • 『講座日本風俗史』全八巻(1956年・東京大学出版会)
  • 『日本歴史大辞典』全二〇巻別巻二(1956年・河出書房
  • 『部落史に関する総合的研究』一~四(1956年・部落問題研究所)
  • 『中世社会の基本構造』(1958年・日本史研究会史料研究部会 御茶ノ水書房)
  • 『奈良歴史散歩』(1958年・河出書房)
  • 『歴史における芸術と社会』(1960年・日本史研究会編 みすず書房)
  • 『図説日本庶民生活史』全十二巻(1961年・河出書房)
  • 『浮世絵一 師宣―春信』(1961年・講談社)
  • 『講座日本文化史』全十二巻(1961年・三一書房)
  • 『岩波講座日本歴史』全二三巻(1962年・岩波書店)
  • 『芸能史研究』(1963年・芸能史研究会誌)
  • 光悦』(1964年・第一法規出版
  • 『日本史研究序説』(1965年・創元社)
  • 『紅と紺と―日本女性史』(1966年・朝日新聞社、1976年・朝日選書全2巻)
  • 『京都市史』(1968年)
  • 『武門の道理』『阿弥と町衆』『わびと黄金』(1969年・学習研究社)
  • 『日本の古典芸能』全一〇巻(1969年・平凡社)
  • 『京都の歴史』全一〇巻(1969年・学芸書林)
  • 『図説いけばな大系』(1970年・角川書店
  • 『中世の権力と民衆』(1970年・創元社)
  • 『日本の古典芸能五・茶花香』(1970年・平凡社)
  • 『日本の茶書』全二巻 横井清楢林忠男と共編 (1972年・平凡社東洋文庫
  • 『古代中世芸術論 日本思想大系』(1973年・岩波書店、新装版1995年)
  • 『京都庶民生活史』全三巻(1973年・講談社現代新書)
  • 『京都の記録』全六巻別巻一巻(1974年・時事通信社
  • 『風と流れと』(1974年・朝日新聞社)
  • 『歴史の視点』 上巻<全3巻>(1975年・日本放送出版協会)
  • 『江戸時代図誌』(1975年・筑摩書房)
  • 化政文化の研究』(1976年・京都大学人文科学研究所報告 岩波書店)
  • 『講座比較文化』(1976年・研究社
  • 『史料 京都の歴史』(1976年)
  • 桃山』(1976年・京都桃山ライオンズクラブ)
  • 『史料大系日本の歴史』全八巻(1977年・大阪書籍)
  • 『幕末文化の研究』(1978年・岩波書店)
  • 『中世日本の歴史像』(1978年・創元社
  • 『文明開化の研究』(1979年・京都大学人文科学研究所報告 岩波書店)
  • 『年表日本の歴史』全六巻(1980年・筑摩書房)
  • 兵庫北関入船納帳』(1981年・燈心文庫 中央公論美術出版
  • 『歴史のなかの都市』(1982年・日本放送出版協会)
  • 嵯峨天皇紀』(1985年・旧嵯峨御所大本山 大覚寺
  • 『新修大津市史』全一〇巻(1987年)
  • 『角川茶道大事典』(1990年・角川書店、普及版2002年) 編者代表
  • 石山寺蔵伝法記とその紙背文書』(1991年・法藏館
  • 『日本史研究事典』(1993年・集英社、「日本の歴史・別巻」)
  • 『民衆生活の日本史』全三巻 (1994~97年・思文閣出版)

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 林屋辰三郎 『一歴史家の軌跡』(1993年・悠思社) 私の履歴書ほか
  • 林屋辰三郎 『芸術の周辺・日本史論集 八巻』年譜・著作目録(1988年・岩波書店)
  • 『歴史の夜咄』 司馬遼太郎との対話 (小学館、のち小学館文庫、新版2006年) 
  • 『聚楽の夜咄 林屋辰三郎対談集』(淡交社、1994年)