中川久定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中川 久定(なかがわ ひさやす、1931年3月15日 -2017年6月18日[1])は、日本のフランス文学者。日本学士院会員。

来歴・人物[編集]

東京生まれ。豊後岡藩伯爵中川家当主。

1953年京都大学仏文科卒、1956年同大学院修士課程修了、フランスのソルボンヌ大学博士課程に学び、1961年中退、名古屋大学教養部講師、1965年助教授、1971年京大文学部仏文科助教授、1980年教授、1992年文学部長、1994年定年退官、名誉教授、近畿大学文芸学部教授、1997年京都国立博物館長、2001年国際高等研究所副所長。

1967年辰野賞受賞、1985年パルム・アカデミック勲章オフィシエ級をフランス政府より授与され、1993年京都新聞文化賞受賞、1995年日本学士院会員、2004年レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ級を授与され、2007年京都府文化賞特別功労賞受賞。

パリ第7大学客員教授、パリ国立東洋言語文明研究所客員教授、パリ高等師範学校客員教授などを歴任。

フランス18世紀の思想家ディドロを専門とする。百科全書を中心とする17・18世紀の啓蒙思想古典、紀行探検記の監修・翻訳者でもある。

1952年、京大天皇事件の際、学生の処分撤回を求めて高橋和巳一海知義らとハンストを行った[2]

名前が難読のため、同世代の学者からは「キューテイ」と呼ばれている。

著書[編集]

初版と第2版とに表現された著者の意識の構造にかんする考察
  • 『甦るルソー 深層の読解』 岩波現代選書 1983
  • 『ディドロ 人類の知的遺産41』 講談社 1985
  • 『ディドロの<現代性>』河合ブックレット 1986 小冊子
  • 『啓蒙の世紀の光のもとで ディドロと<百科全書>』 岩波書店 1994
  • 『転倒の島 18世紀フランス文学史の諸断面』 岩波書店 2002
  • 『ディドロ、18世紀のヨーロッパと日本』 岩波書店 1991(編著)
  • 『十八世紀における他者のイメージ アジアの側から、そしてヨーロッパの側から』
河合文化教育研究所 2006  (編著の一人)

翻訳[編集]

  • V.-L.ソーニエ『十八世紀フランス文学』山田稔,田村俶共訳 白水社・文庫クセジュ 1956
  • ディドロ「ブーガンヴィル航海記補遺」 世界の名著、中央公論社、1970年
改訳版 <シリーズ世界周航記2>岩波書店 2007年
1は1982年、2は1986年、ミネルヴァ書房
  • セルゲイ・カルプ編『十八世紀研究者の仕事 知的自伝』(増田真共監訳)<叢書ウニベルシタス>法政大学出版局 2008年

編訳著[編集]

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 仏文学者の中川久定さん死去:朝日新聞
  2. ^ 川西政明『評伝高橋和巳』161p