松下隆章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松下 隆章(まつした たかあき、1909年3月31日 - 1980年9月15日)は、日本の美術史家。中世日本美術を主として扱った。

経歴[編集]

長野県飯田町(現飯田市)出身。旧制飯田中学(長野県飯田高等学校)を経て、1933年慶應義塾大学美学美術史卒。1934年東京帝室博物館に入り、1944年根津美術館に転出するが、1947年東京国立博物館附属美術研究所勤務、1949年文部技官、1950年文化財保護委員会美術工芸品課、1960年美術工芸課長。1970年奈良国立文化財研究所所長、1972年京都国立博物館館長。1978年退職、1979年勲二等瑞宝章受章。

著書[編集]

共編著[編集]

参考[編集]

  • 小島惠藏「美術史家 松下隆章について」、『飯田市美術博物館研究紀要』第11号、飯田市美術博物館、2001年、 5-24頁、 NAID 110008434571
  • 『長野県人名鑑』信濃毎日新聞社、1974年