青山昌文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青山 昌文(あおやま まさふみ、1952年 - )は、日本の美学研究者放送大学教養学部教授。専門は、美学芸術学自然哲学

略歴[編集]

青森県出身。青森県立弘前高等学校東京大学教養学部及び文学部卒業。東京大学大学院人文科学研究科美学芸術学博士課程中退、2005年東大総合文化研究科で博士(学術)。博士論文は「ディドロ美学・美術論研究」。放送大学講師、同大学助教授を経て現職。日本大学大学院芸術学研究科兼任講師。主な研究領域は、ディドロ美学、現代芸術理論。

著書[編集]

  • 『美と芸術の理論 世界再生のミーメーシス美学』(放送大学教育振興会 1992)
  • 『芸術の古典と現代』(放送大学教育振興会 1997年)
  • 『芸術の理論と歴史』(放送大学教育振興会 2002年)
  • 『芸術史と芸術理論』(放送大学教育振興会 2010年)
  • 『美学・芸術学研究 人文学プログラム』放送大学教育振興会 2013

共編著[編集]

  • 『比較思想 -- 自然について』(放送大学教育振興会 1990)
  • 『比較思想・東西の自然観 地球環境破壊を超えて』(放送大学教育振興会 1995年)
  • 『芸術・文化・社会』(徳丸吉彦共編著)(放送大学教育振興会 2003年)
  • 『舞台芸術への招待』放送大学教育振興会 2011

外部リンク[編集]