浅野長之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浅野 長之(あさの ながゆき、1864年 6月27日(元治元年5月24日)- 1947年昭和22年)4月23日[1])は、日本の宮内官僚政治家華族貴族院侯爵議員

経歴[編集]

浅野懋績(としつぐ。第7代広島藩主・浅野重晟の四男・浅野長懋(ながとし)の子息)の九男として生まれ、のちに従兄弟・浅野長勲の養子となる[1]

1876年イギリスに留学し1881年に帰国[2]1885年、再びイギリスに留学し1889年王立理学校を卒業し、1890年に帰国[2]。この間、東京大学予備門を修了[3]

1895年以降、宮内省に出仕し、式部官兼主猟官、外国貴賓接伴員、大喪使事務官、大礼使事務官などを歴任[3]1910年伏見宮貞愛親王に随行してイギリスに出張した[3]。その他、十五銀行取締役を務めた[3]

養父・長勲の死去に伴い、1937年3月1日、侯爵を襲爵し貴族院侯爵議員に就任[1][4]1939年1月21日、第74回帝国議会で資格審査委員長に互選された[5]1940年12月20日に隠居し[6]、家督を長男・長武が継承した[1]

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『平成新修旧華族家系大成』上巻、24-25頁。
  2. ^ a b 『海を越えた日本人名事典』新訂増補、68頁。
  3. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』13頁。
  4. ^ 『官報』第3046号、昭和12年3月2日。
  5. ^ 『官報』第3613号、昭和14年1月23日。
  6. ^ 『官報』第4189号、昭和15年12月21日。
  7. ^ 『官報』第7732号「叙任及辞令」1909年4月8日。

参考文献[編集]

  • 富田仁編『海を越えた日本人名事典』新訂増補、日外アソシエーツ、2005年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。