浅野忠吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
浅野忠吉
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文15年(1546年
死没 元和7年5月7日1621年6月26日
改名 又蔵(幼名)→忠吉
別名 次郎助、通称:平左衛門
戒名 大通院殿南叔道栄大居士
墓所 広島県広島市中区十日市町妙頂寺
官位 右近大夫
主君 織田信長浅野長政幸長長晟
紀伊新宮領主→安芸広島藩家老
氏族 浅野氏
父母 父:浅野長忠
次女(大橋清兵衛[1]室)
養子:忠長(大橋清兵衛子)

浅野 忠吉(あさの ただよし)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将安芸国広島藩家老

略歴[編集]

尾張国織田信長に仕え、後に浅野家惣領の浅野長政に仕えた。血縁的には従兄弟の関係になる。長政は天正15年(1587年)に若狭国を拝領して大名となる。豊臣政権時代には徳川家康の関東移封により徳川領であった甲斐国が豊臣系大名支配となり、長政は文禄2年(1593年)11月に加藤光泰に代わり甲斐へ就封した。

浅野氏は甲斐支配において九筋二領の地域区分を用いた統治を行った[2]。「二領」は郡内領・河内領を指し、郡内領には浅野一門の浅野良重(氏重)が配置されたのに対し、河内領には忠吉が配置された[3]。九筋には一筋ごとに三人の筋奉行が配置された統治を行っているのに対し、河内領では忠吉配下に南部代官・浅野可政の活動が確認され、代官支配であったと考えられている[4]身延山にある久遠寺山梨県南巨摩郡身延町)の本殿を造営した。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは長政の跡を継いだ幸長紀伊国へ加増転封されると、忠吉は氏重と共に新宮へ派遣されると旧領主の杉若氏を駆逐し、2万8,000石を預かった[5]。慶長18年(1613年)8月に幸長が死去すると、浅野家では後継者を巡り幸長の二人の弟である次男・長晟と三男・長重の間で家督争いが発生する[6]。浅野一門では氏重が長重を支持したのに対し、忠吉は長晟を支持して氏重派と対立する[7]。浅野家の後継は幸長の遺言と長政正室・長生院の周旋により長晟で決着する[8]

慶長19年(1614年)の大坂冬の陣の参陣中、所領の熊野で北山一揆が勃発するが、重臣の戸田勝直らが一揆の拡大を防ぎ、追って忠吉も大坂から折り返してこれを鎮圧した。さらに陣後の元和4年(1618年)から新宮城の築城を始めている。

ところが翌元和5年(1619年)11月、福島正則改易により主君・長晟が広島藩に転封となると、忠吉もこれに随行し、備後国三原3万石を預かる三原城城代家老となった。浅野氏の広島転封に際しては知行地分配を巡り忠吉派と氏重派の抗争が再び発生し、氏重が暗殺されることで騒動は収束したという[9][10]

元和7年(1621年)、死去。享年76。男子がなかったため、次女の子である忠長が家督を継いだ。墓所は広島市内の妙頂寺

脚注[編集]

  1. ^ 加藤光泰の重臣。
  2. ^ 『山梨県史 資料編8 近世1領主』、p.1383
  3. ^ 『山梨県史 資料編8 近世1領主』、pp.1383 - 1384
  4. ^ 『山梨県史 資料編8 近世1領主』、pp.1383 - 1384
  5. ^ 『山梨県史 資料編8 近世1領主』、p.1384
  6. ^ 『山梨県史 資料編8 近世1領主』、p.1384
  7. ^ 『山梨県史 資料編8 近世1領主』、p.1384
  8. ^ 『山梨県史 資料編8 近世1領主』、p.1384
  9. ^ 『芸藩緝要』
  10. ^ 『山梨県史 資料編8 近世1領主』、p.1384

出典[編集]

  • 『山梨県史 資料編8 近世1領主』山梨県、1998年