浅野宗恒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
浅野宗恒
時代 江戸時代中期
生誕 享保2年8月23日1717年9月27日
死没 天明7年11月24日1788年1月2日
改名 仙次郎、岩松(幼名)、宗恒
戒名 鶴皐院殿天随道仙大居士
墓所 広島県広島市の神田山墓地。
官位 従四位下、伊勢守、安芸守、侍従
刑部大輔、但馬
幕府 江戸幕府
安芸国広島藩
氏族 浅野氏
父母 父:浅野吉長、母:前田綱紀の娘
正室:前田吉徳の娘・喜代
重晟水野忠鼎長員長包(四男)、
娘(松平定功正室、のち本庄資承正室)

浅野 宗恒(あさの むねつね)は、安芸広島藩の第6代藩主。浅野家宗家7代。将軍徳川吉宗より偏諱を賜って宗恒と名乗った。

生涯[編集]

享保2年(1717年)8月23日、第5代藩主・浅野吉長の長男として江戸桜田の上屋敷で生まれる。享保11年9月1日、将軍徳川吉宗に拝謁する。享保16年11月23日、元服し、従四位下刑部大輔に任官する。寛延2年(1749年)12月18日、侍従に任官する。宝暦2年(1752年)3月7日、父が死去したため、家督を継いだ。家督相続により、通称を安芸守に改める。宝暦3年4月18日、お国入りの許可を得る。

広島藩の財政は父の時代からすでに悪化していたが、宗恒の時代にも幕命による比叡山延暦寺堂塔修復による15万両の出費に加えて、領内で凶作や大火が相次いで財政が窮乏化した。このため、宝暦3年(1753年)には家臣団の知行を半減し、宝暦4年(1754年)には永代家禄制度の廃止、能力制による家禄の改正など、世襲制の一部廃止を断行する一方で、自ら倹約に努め、さらに役人の不正摘発や裁判制度の公正化など、様々な藩政改革に着手して、改革をほぼ成功させた。

宝暦13年(1763年)2月21日、長男・重晟に家督を譲って隠居する。隠居により、通称を但馬守に改める。天明7年(1787年)11月24日、広島で死去した。享年71。