浅野慶熾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浅野 慶熾(あさの よしてる、天保7年11月12日1836年12月19日) - 安政5年9月10日1858年10月16日))は、安芸広島藩の第10代藩主。浅野家宗家11代。

第9代藩主・浅野斉粛の長男。正室は徳川斉荘の娘(徳川斉彊の養女)・利姫。官位は従四位上、侍従、上総介、安芸守。幼名は定吉定之丞善次郎。初名は長裕。

嘉永4年(1851年)3月25日、元服し、伯父で将軍の徳川家慶より偏諱を賜って慶熾に改名する。また、従四位上侍従・上総介に任官する。安政5年(1858年)4月12日、父の隠居により跡を継ぐ。通称を安芸守に改める。幼少期から聡明で知られており、その力量は時の名君と呼ばれた島津斉彬山内豊信松平慶永らからも一目置かれるほどであったが、家督を継いでから半年足らずの同年9月10日に23歳の若さで江戸にて他界してしまった。跡を養嗣子の長訓が継いだ。

法号は大光院。墓所は広島県広島市の神田山墓地。