松平定功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平定功
時代 江戸時代中期
生誕 享保18年7月6日1733年8月15日
死没 明和2年2月11日1765年3月31日
改名 弁之丞(幼名)→定功
戒名 光輝院殿前隠州最誉慈尊一円大居士
墓所 東京都港区三田済海寺
官位 従五位下、隠岐
幕府 江戸幕府
伊予松山藩
氏族 久松松平氏
父母 父:松平定英、母:貞香院殿(赤松氏)
養父:松平定喬
養母:蓮寿院殿佐竹義峯の娘)
兄弟 定喬定功
正室:浅野宗恒の娘
養子:定静

松平 定功(まつだいら さだかつ(さだなり))は、江戸時代中期の伊予松山藩7代藩主。定勝系久松松平家宗家8代。

生涯[編集]

5代藩主松平定英の次男。宝暦13年(1763年)、兄定喬の養嗣子となり、遺領松山15万石を継ぐ。翌年、従五位下隠岐守に任ぜられる。明和2年(1765年)2月10日、発病。即日、従兄の松山新田藩主・定静を養嗣子とする。翌日危篤に陥り江戸藩邸愛宕下上屋敷にて卒去。享年33。松山入りはわずか2回であった。遺骸は江戸三田済海寺に葬られ、遺髪が松山古町大林寺へ送られて法要が営まれた。