松平定章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平定章
時代 江戸時代中期
生誕 元禄13年2月22日1700年4月11日
死没 延享4年8月3日1747年9月7日
改名 長島辰之丞・源之助(幼名)→定章
別名 通称:監物
墓所 東京都港区三田済海寺
官位 従五位下備中守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重
伊予松山新田藩
氏族 久松松平家定勝
父母 父:松平定直、母:村上氏
兄弟 定仲、鍋之助、定英定章
側室:松本氏娘・放光院
定静定紀水野忠寛正室、
溝口直寛正室
テンプレートを表示

松平 定章(まつだいら さだあきら)は、江戸時代中期の大名伊予国松山新田藩初代藩主。官位従五位下備中守

生涯[編集]

伊予松山藩4代藩主・松平定直の四男として誕生。

父から寵愛を受けていたため、享保5年(1720年)に父が死去して兄・定英が代藩主になると、父の遺言により新田1万石を分与されて松山新田藩を立藩した。

享保12年(1727年)6月に駿府加番に任じられる。享保の大飢饉では窮民の救済をした。延享4年(1747年)8月3日に死去した。享年48。跡を長男・定静が継いだ。

系譜[編集]