松平定仲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 定仲(まつだいら さだなか、貞享4年9月16日1687年10月21日) - 元禄4年5月10日1691年6月6日))は、伊予松山藩の世子。松平定直の長男、母は稲葉正往の娘正心院。鍋之助、定英定章の兄。幼名は万之助。

嫡男だったが、江戸で亡くなった。享年5。江戸済海寺に葬られた。法名は松岳院殿高山智光円清大童子。代わって、その後に生まれた異母弟の定英が定直の世子となった。

参考文献[編集]

  • 松山市史編集委員会編『松山市史料集』第二巻(1987年)