松平勝成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松平勝成

松平 勝成(まつだいら かつしげ、1832年7月21日天保3年6月24日) - 1912年明治45年)2月8日)は、幕末の大名。本名は、久松 勝成。伊予松山藩第13代および第15代(再勤)の藩主。定勝系久松松平家宗家14代・16代。明治維新後は久松 勝成(ひさまつ かつしげ)を名乗った。

讃岐高松藩松平頼恕の三男。母は側室の正林院殿(浅田氏の娘)。正室は第11代藩主松平定通の娘・令姫(松平勝善養女、清亮院殿、嘉永7年(1854年)卒去)。継室は姫路藩主・酒井忠学の娘。第15代将軍徳川慶喜の従兄にあたる。幼名は増之助。官位は正三位・刑部大輔・式部大輔・侍従・隠岐守・左近衛権少将。

生涯[編集]

弘化4年(1847年)、伊予松山藩第12代藩主松平勝善の養嗣子となる。同年、従四位下に叙され、溜間詰格に任ぜられる。続いて刑部大輔に任ぜられ、のちに式部大輔に転任、侍従に昇る。嘉永4年(1851年)、溜間詰に任ぜられる。安政3年(1856年)、勝善の死去により家督を相続し、隠岐守に転任する。勝成もまた子に恵まれず、同6年(1859年)、先代勝善の娘(貞恭院殿)を養女とし、藤堂高猷の五男・練五郎(のちの定昭)を配して養子とする。

万延元年(1860年)、神奈川警衛の功により左近衛権少将に昇進する。文久3年(1863年)、参内し孝明天皇の拝謁を賜う。この後、計3回の拝謁を賜う。幕末の混乱時では京都の警備と第14代将軍徳川家茂の供奉に従う。元治元年(1864年)、第一次長州征伐では一番手の出兵を命ぜられ、一応ながら勝利を収めた。この年、従四位上に昇り、歴代藩主で最高位に達する。第2次長州征伐においても同じく一番手の出兵を命ぜられたが、幕府側の足並みがそろわず、実際に戦闘を繰り広げたのは松山藩のみで、敗戦を喫す。また、第2次長州征伐時に占領した大島で、配下の兵が住民に対して乱暴狼藉を働いたことで、幕府軍の大義名分に大きな傷をつけると同時に、相手方の長州藩の恨みを買うこととなり、その後の松山藩の苦境の遠因をなした。なお、第2次長州征伐が終了した年である1866年の11月17日には謝罪の使者を大島に派遣している。

慶応3年(1867年)、勝成はかねてより願い出て隠居が許され、家督を養子定昭に譲る。その後、鳥羽・伏見の戦いでは大坂梅田に兵300を配置していたところから、朝廷より藩主定昭が蟄居を命ぜられ、勝成が再勤を命ぜられる。松山藩は土佐藩山内家に進駐(松山城へ土佐藩兵が5か月間入城)されるも恭順の意を示し、松平家の家名と松山藩を守る。

同年、太政官布告により源姓松平氏葵紋を返上し、菅原姓久松氏に復姓する。版籍奉還により明治2年(1869年)に藩知事に就任する。同4年(1871年)、再び家督を養嗣定昭に譲る。定昭の死去後はその養嗣・定謨が元服するまでその後見人となる。明治20年(1887年)12月26日に正四位叙任、明治25年(1892年)7月5日に実弟松平頼聰ともに従三位に叙任、明治31年(1898年)6月20日に同じく頼聰ととも正三位に叙任された。

明治45年(1912年)2月8日、東京にて死去した。享年81。法号は寛裕院殿。東京三田済海寺に葬られる。