浅野長喬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浅野 長喬(あさの ながたか、享保17年(1732年) - 明和6年12月12日1770年1月8日))は、安芸国広島新田藩の第2代藩主。

初代藩主・浅野長賢の長男。子に浅野長容(長男)、娘(池田澄時婚約者のち細川立礼婚約者のち戸沢正親正室)。幼名は鍋三郎、玄蕃、舎人。官位は従五位下、兵部少輔。

延享元年(1744年)11月19日、父の死去により家督を継ぐ。寛延2年(1749年)2月15日、将軍徳川家重に拝謁する。同年12月18日、従五位下兵部少輔に任官する。存命中に男子が生まれなかったため、明和6年(1769年)12月10日に本家の広島藩から前藩主宗恒の三男(藩主重晟の弟)長員を養嗣子として迎え、その2日後に38歳で死去した。法号は泰潤院。墓所は江戸貝塚の青松寺