浅野長賢 (広島新田藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浅野 長賢(あさの ながかた、元禄6年(1693年) - 延享元年9月25日1744年10月30日))は、安芸国広島新田藩の初代藩主。

広島藩浅野綱長の三男。子に浅野長喬(長男)、養寿院(小笠原忠総正室)、瑞仙院(毛利広寛正室)。幼名は万吉、民部、大膳。官位は従五位下。兵部少輔。宮内少輔。

宝永7年(1710年)9月18日、将軍徳川家宣に拝謁し、松平姓を名乗ることを許される。同年12月18日、従五位下兵部少輔に任官する。後に宮内少輔に改める。享保15年(1730年)5月11日、兄で広島藩主の吉長から3万石を分与されて、支藩である広島新田藩を立藩した。延享元年(1744年)9月25日、52歳で死去し、跡を長男・長喬が継いだ。法号は大通院。墓所は東京都品川区北品川の東海寺