浅野長経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浅野 長経(あさの ながつね、宝永6年11月14日1709年12月14日) - 享保4年4月23日1719年6月10日))は、備後三次藩の第4代藩主。第3代藩主・浅野長澄の三男。幼名は撫三郎、又六郎。官位は夭折したため受けていない。

経歴[編集]

三次で生まれる。長兄と次兄は早世したため、長澄の嗣子となった。享保3年(1718年)10月2日、父の死去により、家督を継いだ(この時、年齢を3歳偽って宝永3年(1706年)生まれとして幕府に届出された)。同年10月15日、将軍・徳川吉宗にも御目見した。しかし、享保4年(1719年4月23日、江戸にて数え年11歳で没し、嗣子が無かったため三次藩は除封されて浅野本家の安芸広島藩に還付された。法名は鳳章院孝岳紹胤。

その後三次藩は、長経の弟の長寔への相続が認められて再興するものの、翌享保5年(1720年)に長寔が8歳で没したため、再度除封となった。