浅野長友

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浅野長友像(花岳寺蔵)

浅野 長友(あさの ながとも、寛永20年10月3日1643年11月4日) - 延宝3年1月26日1675年2月20日))は、播磨赤穂藩の第2代藩主。初代藩主・浅野長直の長男。母は丹羽長重の娘。正室は内藤忠政の娘波知。子には長男・浅野長矩(内匠頭)、次男・浅野長広(大学)がいる。官位は従五位下、采女正。幼名は又一郎。

浅野長友之墓(花岳寺

明暦3年(1657年)12月17日、祖父長重と同じ従五位下采女正に任官する。寛文11年(1671年)3月5日、父の隠居により家督を相続した。このとき父の命で5万3000石の所領のうち、3500石を義兄の長賢に、新田3000石を長恒にそれぞれ分与したため、赤穂藩は5万石となる。寛文12年(1672年)10月、赤穂に初めて入り、藩政を執り始めるが、延宝3年(1675年)正月26日、33歳で早世した。墓所は赤穂市花岳寺

跡は赤穂事件で知られる長男の長矩が9歳で継いだ。