浅野長寔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浅野 長寔(あさの ながざね、正徳3年6月8日1713年7月29日) - 享保5年5月21日1720年6月26日))は、備後三次藩の第5代藩主。第3代藩主・浅野長澄の四男。通称は主鈴(しゅれい)。夭逝したため官位は受けていない。

生涯[編集]

三次で生まれる。享保3年(1718年)に父が死去すると兄・長経が家督を相続したが、享保4年(1719年4月23日に数え年11歳で没した。三次浅野家は無嗣絶家となり除封され、5月11日に所領は浅野本家の安芸広島藩に還付されたが、10月25日に弟・長寔の相続が認められ、三次藩は再興された。ところが長寔は翌年、享保5年(1720年)5月21日に数え年8歳で没したため、三次藩は再び廃藩となり広島藩に再還付され、以後再興されることはなかった。