水野忠幹 (松本藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水野 忠幹(みずの ただもと、元禄12年5月5日1699年6月2日) - 享保8年5月10日1723年6月12日))は、信濃国松本藩第5代藩主。沼津藩水野家5代。

正室は浅野綱長の娘。官位は従五位下・日向守。

生涯[編集]

元禄12年(1699年)、4代藩主水野忠周の長男として江戸日本橋浜町邸で生まれる。母は前田利明の娘。幼名「惣兵衛」、初名「忠茂」。宝永6年(1709年)、6代将軍徳川家宣に拝謁する。正徳3年(1713年)、従五位下・日向守に叙任される。享保3年(1718年)に父・忠周が死去したため、家督を継いだ。

享保5年(1720年)、幕命により日光東照宮に代参し、享保8年(1723年)3月、方角火消に任ぜられた。同年、英名の声高く期待されつつも、嗣子なく江戸田安邸で病没する。その後は弟の水野忠恒が継いだ。