松平光行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平光行
時代 江戸時代後期
生誕 明和6年3月28日1769年5月4日[1]
死没 天保10年12月14日1840年1月18日
改名 牛之助(幼名)→光信(初名)→光行
別名 弘裕斎[2]
戒名 瑞光院祥厳道鱗
墓所 長野県松本市県の戸田家廟園
官位 従五位下、弾正少弼、河内守丹波
幕府 江戸幕府
信濃松本藩
氏族 戸田氏→戸田松平家
父母 父:戸田光為、母:和田氏
養父:松平光悌
正室:錠姫松平光悌の娘)
定宝戸田光逸光庸
甲斐庄正道(四男)、浜(牧野貞幹正室のち今城定章室)、寿(南部信経正室)、
鉚(小笠原長武正室)、娘(青木一咸正室)
養子:光年

松平 光行(まつだいら みつゆき)は、信濃松本藩の第6代藩主。戸田松平家11代。

生涯[編集]

松本藩分家で美濃国北方5000石を領する大身旗本戸田光為松平光熙の四男戸田光清の子)の四男として生まれる。天明6年(1786年)8月14日、5代藩主・松平光悌が死去したため、その末期養子として家督を相続する。同年11月15日、将軍徳川家斉に拝謁する。天明7年(1787年)12月18日、従五位下弾正少弼に叙任される。

寛政2年(1790年)、城下に溜牢を設置し、軽罪人の収容先とする。寛政5年(1793年)、藩校崇教館を設立した。

寛政12年(1800年)2月23日、隠居し、養子光年(光悌の長男)に家督を譲る。文政12年8月5日、剃髪して竹翁と称する。天保10年(1840年)12月14日に麻布白銀邸で死去した。享年71。

脚注[編集]

  1. ^ 明和3年(1766年)生まれとも
  2. ^ 鈴木俊幸, 山本英二『信州松本藩崇教館と多湖文庫』2015年