牧野貞幹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
牧野貞幹
時代 江戸時代後期
生誕 天明7年1月16日1787年3月5日
死没 文政11年8月18日1828年9月26日
改名 外之助(幼名)、貞幹
戒名 靖徳院殿泰雲紹敬大居士
墓所 東京都墨田区千歳の要津寺
官位 従五位下、越中
幕府 江戸幕府
常陸国笠間藩
氏族 牧野氏
父母 父:牧野貞喜、母:間宮氏
兄弟 貞為貞幹
正室:戸田光行の娘
継室:昭(池田斉稷養女・池田治道娘)
側室:糸女
廉次郎、貞一康哉松平忠粛(四男)、貞観
貞勝、娘(山野辺義観室)、娘(森忠徳正室)、娘(関長道正室)、娘(鈴木寧政室)、
娘(京極高富室)

牧野 貞幹(まきの さだもと)は、常陸笠間藩の第4代藩主。成貞系牧野家7代。

天明7年(1787年)1月16日、第3代藩主・牧野貞喜の次男として生まれる。長兄の貞為享和3年(1803年)2月に早世したため、5月21日に世子に指名された。文化元年(1804年)12月16日に兵部少輔に任官され、文化11年(1814年)2月12日に左京亮に遷任された。

文化14年(1817年)10月21日、父が足病を理由に隠居したため家督を継ぎ、従五位下・越中守に叙位・任官する。文政11年(1828年)8月18日に死去した。享年42。跡を子の貞一が継いだ。