池田治道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
池田治道

池田 治道(いけだ はるみち、明和5年3月10日1768年4月26日) - 寛政10年5月6日1798年6月19日))は、因幡鳥取藩6代藩主。鳥取藩池田家宗家8代。

5代藩主池田重寛の次男。母は側室の村上氏。正室は仙台藩主・伊達重村の娘・生姫(暾子)。継室は紀州藩徳川重倫の娘・丞姫。子は池田斉邦(長男)、池田斉稷(次男)、池田道一、弥姫(周子、島津斉興正室)、幸(または姚、浄諦院、鍋島斉直正室)、法鏡院・三津子(毛利斉熙正室)、昭(斉稷養女、牧野貞幹継室)、寵姫愛子(秋月種任正室)など5男5女。島津斉彬鍋島直正などが外孫となる。幼名岩五郎、のち秀三郎と改める。官位は従四位下、侍従、相模守、左近衛少将。

経歴[編集]

江戸藩邸で生まれる。安永7年(1778年)、重寛の正室・仲姫(御三卿田安宗武の四女)の預かりとなり仲姫が養育する。継母の仲姫、祖母・桂香院の影響を受けて育つ。天明元年(1781年)、長兄で世嗣の治恕が江戸藩邸で死去し、天明2年(1782年)に藩主世嗣となる。天明3年(1783年)父・重寛が死去し、家督を相続する。翌、天明4年(1784年)、10代将軍徳川家治の面前で元服、家治の偏諱を受け治道と名乗る。従四位下に叙される。寛政2年(1790年)、正室・生姫と婚姻する。寛政4年(1792年)、生姫は初産で一女を産んだ後、体調が回復せず鳥取藩江戸藩邸で死去した。この長女・弥姫薩摩藩主・島津斉興の正室となり島津斉彬の生母となった。寛政5年(1793年)、継室として丞姫を迎えた。

生姫の死去した寛政4年(1792年)、家督の相続をめぐって事件が起きた。治道の男児には、鳥取城で生まれた長男・銀之進(後の昭邦(斉邦))と江戸藩邸で生まれた次男の永之進(後の道稷(斉稷))があった。江戸では永之進を推す声が強く、国許との間に対立が起きた。治道が国許に帰国した際、家臣の佐々木磯右衛門は銀之進を世嗣とするよう諌言した。これに怒った治道は磯右衛門の頭を竹扇で打った。磯右衛門は帰宅するとその晩、2人の息子と切腹した。この事件を機に、治道は銀之進を世嗣と決定した。磯右衛門に対する行動や、(のちの話であるが)昭邦と名乗った銀之進に対して永之進には「道」の字を与えて道稷と名乗らせていることから、銀之進を世嗣と決定したのも本意ではなく、治道自身も永之進を跡目にと期待し、世嗣決定後も永之進を偏愛していたことがうかがえる。

治道の時代は幕府の手伝い普請、天災などで藩財政が窮乏した。賢臣に恵まれ藩政改革を断行したが、なかなか財政再建までは至らなかった。文武を奨励し、学問も盛んになった。

寛政10年(1798年)5月6日に死去した。享年31。家督を斉邦が継いだ。法号は大機院殿賢翁紹雄大居士。墓地は鳥取藩主池田家墓所。菩提寺は龍峯山興禅寺

参考文献[編集]

  • 財団法人史跡鳥取藩主池田家墓所保存会/作成『史跡 鳥取藩主池田家墓所』(2006年3月31日刊行)