池田澄時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田 澄時
時代 江戸時代中期
生誕 明和6年3月22日1769年4月28日
死没 天明5年7月21日1785年8月25日
改名 亀丸・亀三郎(幼名)、澄時
別名 主計(通称)
戒名 真常院殿本覚浄光
墓所 鳥取藩主池田家墓所
幕府 江戸幕府
因幡国鹿奴藩
氏族 池田氏
父母 父:池田重寛、母:村上氏
養父:池田延俊
兄弟 治恕治道澄時、糸子(池田斉政室)、
本子(松平信成室)、仲雅
正室:浅野長喬の娘と婚約
実子:なし、養子:仲雅

池田 澄時(いけだ すみとき)は、因幡鹿奴藩(鳥取東館新田藩)の第6代藩主。

明和6年(1769年)3月22日、因幡鳥取藩の第5代藩主・池田重寛の三男として鳥取城で生まれる。明和8年(1771年)に鹿奴藩の第5代藩主・延俊が死去したため、その養子として家督を継いだ。初代仲澄、4代澄延(延俊の兄)の偏諱である「澄」の字を受けて澄時と名乗る。

天明5年(1785年)6月、江戸城神田橋門番に任じられるが、7月21日に江戸で死去した。享年17。跡を異母弟で養子の澄教(仲雅)が継いだ。