池田仲律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田仲律
時代 江戸時代後期
生誕 文化2年6月26日1805年7月22日
死没 嘉永3年3月11日1850年4月22日
改名 孝之進(幼名)、仲律
戒名 舜徳院殿浄質穆興大居士
墓所 鳥取県鳥取市国府町奥谷の鳥取藩主池田家墓所
官位 従五位下壱岐守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
因幡鹿奴藩
氏族 池田氏(仲澄流)
父母 池田仲雅、斉藤氏
兄弟 豊子、英子、文之助、品子、仲律
鉄之丞、泰次郎、寿子、仲諟清直
鋼子、正子、
若林氏、清水氏
慶行仲建、聡姫、銓子、千世子ら
テンプレートを表示

池田 仲律(いけだ なかのり)は、因幡国鹿奴藩(鳥取東館新田藩)8代藩主。

生涯[編集]

文化2年(1805年)6月26日、第7代藩主・池田仲雅の三男として江戸で生まれる。文化4年(1807年)9月に世子に指名される。文政7年(1824年)9月26日、父の隠居により家督を継ぎ、12月16日に従五位下・壱岐守に叙位・任官する。

天保12年(1841年)、宗家の鳥取藩主池田斉訓が死去した際、仲律の長男慶行が養嗣子として跡を継いだ。

嘉永3年(1850年)3月11日、江戸で死去した。享年46。跡を三男・仲建が継いだ。

系譜[編集]

略系図[編集]

池田重寛鳥5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
治道鳥6
 
 
 
 
 
 
 
 
澄時6仲雅※a
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斉稷鳥8
 
 
 
 
 
 
 
 
仲雅7※a
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斉訓鳥9
 
 
 
 
 
 
 
 
仲律8
 
仲諟清直若8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
慶行鳥10※b慶行※b
 
 
 
 
 
 
 
仲建9
 
映子清緝若9徳定若10徳澄※c※d
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
慶栄鳥11
 
 
整子
 
 
 
 
徳澄10※c
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
銓子
 
11※d
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • 実線は実子、点線は養子および婚姻を示す。
  • すべての人物を掲載してはおらず、また兄弟・姉妹の順に配列してはいない。
  • ※印は、同じ英字を付した人物が同一人物であることを示す。
  • 太字の数字 6, 7…… は鳥取東館新田藩(鹿奴藩)主の代数を示す。
  • 「鳥」を付した数字は鳥取藩主代数、「若」を付した数字は鳥取西館新田藩(若桜藩)主の代数を示す。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』霞会館、1996年。